コストコ『マテ茶鶏(ブラジル産)』のおすすめ度は? 気になる品質やコスパをチェック

コストコで販売されている冷凍鶏肉『マテ茶鶏 もも正肉』はご存知でしょうか。

鶏のもも肉が2kg分入った、日本ハムグループ会社の商品です。ブラジル産なので、なんといっても高コスパ! それでいてクセやくさみはなく、おいしくいただけます。マテ茶を含む植物性飼料で育てたというだけのことはあるかと。特に問題なく、いろいろな料理に使えますよ~。

ジャパンフード|マテ茶鶏 もも正肉|838円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで販売されている『マテ茶鶏 もも正肉』。ブラジル産のもも正肉が2kg入って、お値段は838円(税込)です。100gあたり41.9円は、かなりの高コスパ!

マテ茶を含む植物性飼料で育てた「マテ茶鶏」。これは日本ハムの商標でして、輸入者の「ジャパンフード」も日本ハムのグループ企業です。ブラジル産というとつい身構えてしまいますが、処理・加工における管理には気を使っているとのことで、こちらに詳細がまとめられています

冷蔵庫に一晩入れておけば、解凍完了。ちなみに、パッケージは密封袋ではないので、ドリップが漏れ出すことがあります(体験談)。冷蔵庫の中に放置せず、早めに取り出しましょう。

購入したものは、1袋に9枚入っていました。1枚あたり、皮付きで222gほどということになります。全体的に、腱が残っていたりして、ちょっと処理が甘い感じですかね~。

皮を取り、脂身を大まかに外して、食べやすいサイズにカット。うん、いたって普通。炒めものでも煮物でも、なんにでも使えそうです。

たとえば香草焼き。ローズマリーやエストラゴンなどのハーブと和え、塩コショウ、にんにく、唐辛子で味付けをして、玉ねぎと一緒に揉み込んで焼きました。皮をむいたので、焼くときにはオリーブオイルを加えるとよいでしょう。

鶏肉自体に変なクセやくさみなどはないのでご安心を。仕上がりもパサパサになったりせず、肉汁を含んでしっとり。歯ごたえが適度にあり、硬すぎるということはありません。まあ、国産の鶏肉に比べると、お値段相応という感じはしますね。

こちらは味噌ダレに1~2時間ほど漬け込んでから焼いたもの。生姜をすりおろして入れておくのがポイント。フライパンにごま油を敷いて焼き、裏返してからフタをして弱火でじっくり火を通します。フタを取り、水分を飛ばして出来上がり。

香草焼きに比べて肉が柔らかく、噛み切りやすくなりました。味噌味が濃厚でうまみが強く、ご飯がすすむ味。お弁当のおかずにしてもいいですね。

『マテ茶鶏』の推しポイントは、なんといってもお値段がお手頃なところ。味も悪くないので、コスパ重視なら選択肢に入るかと。本品を一気に解凍して、2kg分をまとめて調理、できたおかずを小分けにして冷凍しておく、といった使い方をすると効率がよさそうですよ。なお、コストコの鶏肉で品質を求めるなら「さくらどり」が

商品情報

  • 品番|0574305
  • 内容量|2kg(9切れほど)
  • 部位|もも肉
  • 保存方法|-18℃で保存してください
  • 賞味期限|生産日から2年
  • 原産国|ブラジル
  • 輸入者|ジャパンフード

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。