コストコ『ローマイヤ ブロッコリーチーズスープ』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコ(Costco)で販売されている『ローマイヤ ブロッコリーチーズスープ』をご存じでしょうか。

手軽にリッチテイストのスープを用意したいならコレ、といった一品。オーソドックスなクリームスープ風でいて、じわりとチーズの旨みが効いてくる本格派です。そのまま食べてもいいし、具材を加えてゴージャス系にアレンジするもよし、パスタソースに使ってみるのもアリ。さまざまな食事シーンに合わせられる優良食材といった感じです!

ローマイヤ ブロッコリーチーズスープ|928円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコのチルド食品コーナーで見かける『ローマイヤ ブロッコリーチーズスープ(LOHMEYER Broccoli Cheese Soup)』は928円(税込)。1袋180gの4食入り、1食あたり232円。レトルトパウチ仕様で、湯煎なら5〜7分間、電子レンジなら中身を容器に移し替えて約2分間(500W時)加熱すればOK。販売者のローマイヤはハムやソーセージなどの製造・販売を手がける老舗企業(食品流通グループ・スターゼン傘下)。

野菜・チーズの旨みが溶け込んだ癒やしのスープ

ベシャメルソースベースの本品、オーソドックスなチキンエキスの効いたクリームスープ風でいて、じわっと主張してくるチーズの旨みがポイント。芯が強いという印象で、チーズの味わいが舌の上でよく持続するんですよね。口当たりはやや甘めのライト感、でもコクのある飲み口。チーズの味にしつこさはない。後を引くテイストのスープです。

さらにポイントなのがブロッコリー。よく煮込まれて形はほぼ崩れ気味なんですけど、儚い食感のわりには意外な食べごたえを感じたりします。そして、このブロッコリーや玉ねぎの甘みなんかがスープに溶け込んで、安定の味わいを作り出しているわけですね。

さらに肉や野菜を加えて、ゴージャスなスープメニューを作るのもおすすめです。というか、ぜひ鶏肉などを追加してどうぞ。

ちなみにパスタソースとしてもおすすめ。写真では一般的なスパゲッティを使っていますが、ソースと絡みやすい(気がする)フェットチーネと合わせてもよいでしょう。

*    *    *

『ローマイヤ ブロッコリーチーズスープ』はチーズの旨みがじわっと効いたベシャメルベースの良スープ。朝食でもディナーでも、さまざまな食事シーンに合わせられるスープとして、かなり重宝すると思いますよ。(ちなみに、mitok編集部的には、同じローマイヤ製『オマール海老のビスク』と比べたら、『ブロッコリーチーズスープ』のほうおすすめです)

商品情報

  • 内容量|720g(180g × 4袋)
  • カロリー|不明
  • 販売者|ローマイヤ
  • 保存方法|10℃以下で冷蔵
  • 原材料|野菜(ブロッコリー、玉葱)、乳等を主要原料とする食品、ベシャメルソースベース(小麦粉、バター)、チキンブイヨンパウダー、砂糖、人参ペースト、チキンエキス、マーガリン、プロセルチーズ、白胡椒、トレハロース、調味料(アミノ酸)、乳化剤、香料、着色料(カロチノイド)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。