コストコの肉厚『ボイルたらばがに』はシンプルな “焼きがに” がおすすめ

コストコで販売されている『ボイルたらばがに(生食用)』はご存知でしょうか。

たらばがにと言えば、年末年始の特別なごちそうですよね。紅白の色合いがめでたい上に、非常においしい。そのぶん、お高いわけですが…。そんなたらばがにも、コストコならけっこうお買い得ですよ! 肉厚で歯ごたえがよい本品。鍋にしてもいいのですが、その味わいをより堪能するには「焼きがに」がおすすめです!

コストコ|ボイルたらばがに(生食用)|5,980円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている『ボイルたらばがに(生食用)』。ロシア産のたらばがに。その棒肉、爪肉、肩肉が半割り状態で800g分入って、お値段は5,980円(税込)。殻も含んで100gあたり748円ほどという計算です。

ちなみに、近所のスーパーをチェックしてみると、ロシア産のボイル・半割りのものが500gで5,378円(税込)でした。100gあたり1,076円ほどなので、やはりコストコのほうがコスパがよいですね。

パッケージを開封すると、たらばがにの身が2段に配置された状態でカチコチに固まっています。表面がツヤツヤしているのは、「グレーズ」という氷の膜で包まれているから。解凍する前に、流水で軽くこの氷を落としましょう。ついでにバラバラになります。

解凍時の乾燥を避けるため、保存袋に入れておくといいですね。ドリップで庫内を汚す心配もありません。

冷蔵庫で18時間くらい置いておくと、完全に解凍されます。身は半割りになっているので、はさみがなくても大丈夫。

たらばがには焼いて食べるのがおすすめ

ボイルしてあるので、解凍すればすぐに食べられます。たらばがには、なんといっても、その太い身が魅力。弾力性があって、繊維がほぐれる感じではなく、かたまりを噛み締める食べごたえがあります。また、味わいが濃厚で、噛むごとにうまみが出てくる! 甘みもしっかり感じますね。

このたらばがに、定番の鍋にしてもいいのですが、その魅力を堪能するためにも、ぜひ「焼き」でいただきたいところ。

「焼きがに」は非常に簡単。すでに火が通っているボイルものなので、魚焼きグリルで5分ほど加熱するだけです。

焼くことで、ふっくらとした歯ごたえになりました。また、かに特有のなまぐさみが消えて食べやすくなっています。おいしさがより際立ちますね!

たらばがにの食べ方としてもうひとつおすすめなのが「かにステーキ」です。フライパンを使い、たっぷりのバター(あれば無塩バター)を溶かし、肉厚の身を焼き付けます。

バターでソテーしたことで、さらにプリプリとした食感になりました。バターのうまみが加わって、濃厚さもアップ。これはお酒が欲しくなる味ですね~。レモンを絞りかけて、さっぱりとさせるのも重要です。

たらばがにの殻で濃厚スープを取る

たらばがにの殻を使って、スープを取ることができます。せっかくですので、食べ終わったあとにひと手間かけておきましょう。

まず、グリルなどで殻を焼きます。軽く焼き目がついたら、はさみなどを使って細かく割ります。

鍋に殻、こんぶ、料理酒、水を入れて(ひたひたの量)、30分ほど煮込みます。

あとは漉し器などで殻を取り除けば完成です! こうばしい香りのある、濃厚なたらばがにのスープ。これでご飯を炊いたりしてもいいですね~。

あわせてこちら↓もどうぞ!

商品情報

■品番|0095536 ■内容量|800g ■カロリー|可食部100gあたり80kcal(炭水化物 0.3g)※推定値 ■保存方法|-18℃以下で保存 ■加工所|金高水産 ■販売者|日本水産 ■原産国|ロシア ■原材料|たらばがに

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。