コストコの2kg鶏肉『さくらどりむね肉』をレンチン調理でおいしく食べる方法

コストコで常連が買っていく定番商品のひとつに『さくらどりむね肉 2.4kg』があります。

国産の銘柄鶏を使ったチルドのむね肉です。電子レンジでの簡単調理で、おいしいゆで鶏が完成! ふんわりやわらかな仕上がりで、パサつきもなくしっとりとした食感。いくらでも食べられるおいしさですよ。4パック合計2.4kgと大量ではありますが、シェアしたり冷凍したりして、上手に使い切りましょう。

コストコ|さくらどりむね肉 2.4kg|1,258円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコのお肉コーナーで販売されている『さくらどりむね肉 2.4kg』。合計2.4kgを4つに分けてパッケージしてあり、お値段は1,258円(税込)です。100gあたり52円ほどと、国産の銘柄鶏なのにナイスなコスパとなっています。

さくらどりシリーズは、ほかにもチルド品として『もも肉』『皮なしむね肉』『ささみ』『手羽元』『手羽中』などのほか、冷凍品で『挽肉』も販売されています。生産者の日本ホワイトファーム。ニッポンハムのグループ企業ですね。

さくらどりの特徴である、鮮やかなピンク色をしています。皮と脂身がついているので、気になる人は処理しましょう。

むね肉の調理法ですが、電子レンジを使うのが手軽でおすすめ。まず、皮と脂身を取ったむね肉に、フォークをザクザクと刺します。耐熱ボウルにむね肉を入れたら、塩とひたひたの水を加え、ラップをかけて電子レンジへ。700Wで7分ほど加熱しましょう。

レンチンが終わったら、しばらく置いて粗熱を取りましょう。これだけで調理は完了です!

パサつきのないしっとり食感とクセのない味でバンバンジーに最適

調理したむね肉を、1cmほどの厚さでスライスしました。電子レンジ調理でも、中までしっかりと火が通っていますね。表面はパサつくことなく、しっとりとしています。

そのおいしさを存分に堪能するには、バンバンジーがおすすめ。きゅうりなどの野菜の上に、スライスしたむね肉をのせ、タレをかければできあがり。バンバンジーのタレを自作する場合は、豆板醤、醤油、酢、ごま油、ねりごま、砂糖、味噌、おろしにんにく、刻んだネギを混ぜ合わせます。

さて、電子レンジで調理したむね肉は、内部まで水分を保っており、もっちりとした歯ごたえがあります。パサつくことなく仕上がっていて、ジューシーですね~! 味は淡白ながら肉のうまみを確かに感じられますし、くさみやクセがないのでとにかく食べやすい。特に、バンバンジーのタレの甘酸っぱさとコクのあるテイストと相性が最高! これはいくらでも食べられる! 脂がないので、もたれることもありません。

というわけで、レンチンゆで鶏のバンバンジーは圧倒的におすすめです!

賞味期限前に小分けにして冷凍保存!

いくら食べやすいとはいえ、2.4kgは大量です。賞味期限内に食べきれない場合は、冷凍保存しましょう。調理しやすいサイズに切り分けたら、1回分ずつラップに包みます。それをフリーザーバッグに入れ、しっかり空気を抜いて密封。冷凍庫に入れて凍らせます。冷蔵庫内で自然解凍すればドリップは最小限で済みますよ。

商品情報

■品番|0099991 ■内容量|2.4kg(4パック合計) ■カロリー|100gあたり137kcal(炭水化物 0.2g)、総計3288kcal ■生産者|日本ホワイトファーム ■販売者|コストコホールセールジャパン ■原材料|鶏むね肉

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。