コストコ『ハーフベビーポテト』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコ(Costco)で販売されている冷凍食品『ハーフベビーポテト』をご存じでしょうか。

よくある皮付きの厚切りポテト、その1kgボリュームパックです。揚げ調理&ガーリックベースの味付けがなされており、炒めればあっさり出来上がり。ポイントは甘みのあるじゃがいもってところですかね。付け合わせやお弁当のおかずにも便利な食材としてどうぞ〜。

ハーフベビーポテト|948円

おすすめ度 ★★★☆☆

コストコの冷凍食品コーナーで見かける『ハーフベビーポテト(Demi-Grenaille)』は948円(税込)。1kg分の皮付き厚切りポテトを詰めた徳用パッケージ。100gあたり95円、156kcal。原産国はフランス。Grenaille(グルナイユ、仏語)は小さめのじゃがいものことだそう。

すでに油で揚げ済みで、味付けもされているので、あとは加熱調理するだけのお手軽食材です。記載の説明どおり、加熱したフライパンに冷凍状態のままポテトを投入すればOK(オーブンでももちろん大丈夫)。油を引く必要はありません。15分間ほどを目安に炒めれば完了。にんにくがそのまま混ざっておりまして、火を通すと食欲をそそる香りがすごい……。

甘みのしっかりとした万能型付け合わせ

皮付き厚切りポテトって、外食するとわりと遭遇する機会が多いので、だいたいお味を想像できるかと思いますが、本品はそれよりもちょっと甘みが強いタイプかも。なめらかでホクホクとしたおなじみの食感に対し、日ごろ口にしているじゃがいも(定義は曖昧ですが……)と比べると、一段強い感じの甘みが印象的なんですよね。極端に言えば、おやつ的なテイスト。

ただ、その甘み、ガーリックベースの味付けによって引き立っている面もありそう。ポテト全体はガーリックとタイム(ハーブ)が太く短く効いている感じで、とにかく食欲を刺激するシンプルなテイスト。そのため、じゃがいもの甘みが特に際立ってくるんじゃないかと。こうしたジャンクフード一歩手前のような味付け、みんな好きですよね?

ピンのおかずとしてビールのお供なんかにするのもアリですが、やはり付け合わせポジションがもっとも収まりのよい食材かと思います。ハンバーグやステーキなど肉料理との相性は言わずもがな。肉汁まじりのソースと合わせるのっておいしいですよね。

きのこやソーセージあたりを加えて炒めると、ピンのおかずとしても頑張ってくれる感じ。

野菜を加えてさらにチーズがけ。ラクレットあたりの濃厚なハード系を使えるとリッチ感が増しますよ。

*    *    *

『ハーフベビーポテト』はどこのスーパーでも見かけるタイプの食材ですし、輸入商品(フランス)にありがちなクセのある味付けというわけでもないので、安心してゲットしてよいかと思います。便利な付け合わせ食材やお弁当用おかずをお求めの際はぜひチェックしてみてください。

商品情報

■品番|10391 ■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり156kcal・炭水化物 25.4g(総計1,560kcal) ■原産国|フランス ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■凍結前加熱の有無|加熱してありません ■加熱調理の必要性|加熱してお召し上がりください ■保存方法|−18℃以下で冷凍保存 ■原材料|じゃがいも加工品(じゃがいも、植物油)、にんにく加工品(にんにく、植物油)、バター、植物油、ガーリックパウダー、タイム/香料(一部に乳成分・精肉を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。