コストコのたまご型チョコ『ベルフィン イースターエッグ』はキャラ性がかなり強い

コストコ(Costco)で販売されている『ベルフィン イースターエッグ ミルクチョコレート』をご存じでしょうか。

復活祭(イースター)で使われるイースターエッグ型のキャラチョコです。うさぎ、アヒル、ひつじのかわいらしいルックスは写真映えするし、お子さんも喜びそう。ホームパーティー用おやつとして、この演出力の強さは重宝する気がしますっ。

ベルフィン イースターエッグ ミルクチョコレート|1,398円

おすすめ度 ★★★☆☆

コストコのチョコ菓子コーナーで見かける『ベルフィン イースターエッグ ミルクチョコレート(8 Decorated Belgian Cocholate eggs)』は1,398円(税込)。キリスト教の復活祭(イースター)で使われる装飾された鶏卵(イースターエッグ)をイメージしたチョコですね。1箱240g、8個入り、1個あたり約175円。うさぎ、アヒル、ひつじをモチーフにしたエッグ型チョコで、フィギュアのようにブリスターパック形式で包装されています。原産国はベルギー。ベルフィン(Belfine)は、同国チョコメーカー、ChocDecor社(1995年創業)のブランドだそう。

エッグ型チョコは手のひらサイズ。うん、かわいい。

スタンダード系の味わい&キッズがよろこぶエンタメ感

本品はそのキャラクター性だけで十分な感じもありますよね。写真を撮ってSNSに投稿すれば役目はだいぶ果たしたというか……。味わいについては、スタンダードというところ。中は空洞のチョコエッグタイプ。口溶けはやや固め、カカオやミルクの風味は身近なおやつレベルですかね。やや甘さが目立つ、庶民的なミルクチョコではないかと思います。期待以上でもなければ以下でもなし。ある意味、安心の味わいでしょう。

*    *    *

近頃のコストコで見かけるイースター向けチョコというと、「ジャコー イースターエッグ ミルクチョコレート」もそのひとつ。こちらは派手めのカラフルな包装紙で、中身は無味乾燥なチョコエッグという組み合わせ。一方、『ベルフィン イースターエッグ ミルクチョコレート』はキャラ性抜群のルックス。お子さんのいる家庭であれば、単純によろこんでもらえそうなのは本品ではないかと。エンタメ感の強いお菓子をお求めなら、間違いのないチョイスではないかと思いますよ!

なお、2019年のイースターは4月21日(日)だそうです(Wikipediaによると「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝うとのこと)。

商品情報

■品番|13145 ■内容量|240g(30g × 8個) ■カロリー|100gあたり559kcal(脂質 35.0g、炭水化物 53.0g) ■原産国|ベルギー ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、カカオマス/乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(アナトー)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。