コストコの20個パン『メニセーズ チェバッタロール』は休日の朝食におすすめ

コストコで販売されている『メニセーズ チェバッタロール』をご存じでしょうか。

フランス産チャバタ20個入りの徳用パックです。オーブンで焼き調理をする必要があるので、食べるまでにちょっと時間がかかりますが、素朴な旨みがあって食べごたえもあるし、パン好きなら気に入る銘柄かと思います。休日の朝食用なんかによさげです。

メニセーズ チェバッタロール|698円

おすすめ度 ★★★★★

コストコで見かける『メニセーズ チェバッタロール(Menissez Ciabatta Rolls)』は698円(税込)。チャバタ(チェバッタ)の20個入りパックですね。1袋(ロール)4個入りで5袋。1個あたりの単価は約35円、カロリーは約161kcal。原産国はフランス。メニセーズはフランスで創業50年を超える業務用パンメーカーだそうで、コストコでは同社の「プチパン」を見かけることもありますね。

5袋つづりのちょっと変わった包装。4人家族なんかだと、1食1袋というところですかね。少食の人からすると、1個のボリュームが多いように感じるかも。

調理はオーブンで!

『チェバッタロール』は食パンなどと比べると調理に手間がかかります。半焼成(いわゆる半生状態)のため基本的にはオーブン焼きが必要です。チャバタに軽く水をふきかけておき、220℃に予熱したオーブンで約10〜12分焼くのがおすすめ。オーブントースターだと熱が中心まで通りきる前に全体が焦げ付いちゃったりして、おいしく焼き上がらないのでご注意ください(うまくやれば大丈夫かもしれないけど)。

外は厚みのあるカリカリ食感、中はもっちり寄りで食べごたえのある仕上がりに。小麦の素朴な風味、ほんのり塩加減も感じさせて、ナチュラルな旨みを持ったパンですね。

素のままでもおいしくいただけますが、定番どころではオリーブオイルと合わせてどうぞ。コストコで販売されている、使い切りタイプのオリーブオイル「MINIOLIVA」だとフレッシュ感があって、よりおいしくいただけるかと思います。

アレンジやサンドイッチにも

mitok編集部的にちょっとハマッている食べ方はチーズチャバタ。焼く前に十字に切り込みを入れ(パンが割れやすいので注意)、スライスしたハードチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノなど)を差し込み、あとは通常どおりに焼くだけ。できるだけ旨みの強いハードチーズをたっぷり使うことがポイントです(贅沢)。

サンドイッチにするなら、モッツァレラチーズ、トマト、生ハムあたりの定番食材を組み合わせるのがおすすめ。

ビーフパティと合わせてハンバーガーを作るのも。ただ、パティがわりと強くなって、チャバタの風味は味わいにくいかも。

*    *    *

『メニセーズ チェバッタロール』はこだわりのパン食派であれば、一度は試してみてほしい一品です。オーブンで10分以上焼く必要があるなど、食パンと比べると調理に手間はかかりますが、その甲斐がある旨みを楽しめるかと。とはいえ、日常的に食べるには面倒ではあるので、休日の朝食用パンといった位置づけで確保しておくのが現実的ではないかと思います。

商品情報

■品番|13493 ■内容量|1,250g(250g × 5袋) ■カロリー|100gあたり258kcal(炭水化物 50.2g、食塩相当量 1.31g) ■製造者|Menissez ■原産国|フランス ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|小麦粉、小麦グルテン、食塩、植物油、イースト、麦芽小麦粉、ライ麦サワー種/酒精

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。