コストコの食感おやつ『チョコもち(5種味)』は気付くと食べ続けているタイプ

コストコで販売されている『千年屋 チョコもち』をご存じでしょうか。

ひとくちサイズのもっちもちおやつです。ある意味、主役は食感。食べるのが愉しい感じ。中にはマシュマロとチョコ系クリーム(チャイ・チョコ・ほうじ茶・珈琲・抹茶)入り。間食おやつにもお茶請けにもちょうどいい一品ですよ。

千年屋|チョコもち|899円

『千年屋 チョコもち』は899円(税込、品番 19690)。以前にご紹介した「フルーツもちミックス」の姉妹品ですね。内容量は220gのパックが3袋。各パックに個包装のチョコ系クリーム入りもち菓子が入っています。

種類はチャイ(52kcal)、チョコ(53kcal)、ほうじ茶(44kcal)、珈琲(47kcal)、抹茶(49kcal)の5種類。1パックに16〜17個ほど、計50個前後が詰まったパックとなっています。1個あたりの単価は約18円。製造所は伊藤製菓です。

どんな味?

「フルーツもち」同様、なんといっても特徴的なのは食感。かなりのもっちもちで、かといってグミのような硬さはなく、やわらか寄りでよくのび〜る。絶妙な食感なんですよね。クセになるやつ。

もちの中はマシュマロ、中心にクリームという構成。個性的な味わいなのは、ほんのりスパイシーでシナモンの甘さを持ったチャイ、濃厚な焙煎香っぽさのある珈琲(コーヒー)、燻したような渋い香りのほうじ茶あたりですね。ちなみに、5種類のフレーバーいずれも緑茶ともよく合います。

*    *    *

『千年屋 チョコもち』は基本的には甘い作りのフレーバー菓子でして、食感の愉しさで食べさせるような面は強いのですが、気楽につまめる一口おやつとしてはかなりの優等生。気付くと食べ続けていた、みたいな……。常備おやつにするにはちょうどいい一品だと思いますよ!

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|19690 ■内容量|220g(個包装込み)×3袋 ■カロリー|上記参照 ■販売者|千年屋 ■製造者|伊藤製菓 ■原材料|[チャイ]水あめ、砂糖、チャイ風味チョコクリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、カカオマス、紅茶、ココアバター、しょうがパウダー)、もち粉、でん粉、ゼラチン、シナモンパウダー/加工デンプン、乳化剤、香料、増粘多糖類、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む) [チョコ]水あめ、砂糖、チョコクリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、ココアパウダー)、もち粉、準チョコレート(ココアパウダー、植物油脂、乳脂肪、全粉乳)、でん粉、ゼラチン/加工デンプン、乳化剤、増粘多糖類、香料、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む) [ほうじ茶]水あめ、砂糖、ほうじ茶チョコクリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、粉末ほうじ茶、ココアバター)、もち粉、でん粉、ゼラチン、粉末ほうじ茶/加工デンプン、乳化剤、増粘多糖類、香料、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む) [珈琲]水あめ、砂糖、コーヒーチョコクリーム(砂糖、植物油脂、ココアパウダー、乳糖、コーヒー)、もち粉、でん粉、コーヒー、ゼラチン/加工デンプン、乳化剤、増粘多糖類、香料、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む) [抹茶]水あめ、砂糖、抹茶チョコクリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、抹茶、ココアバター)、もち粉、でん粉、ゼラチン、抹茶/加工デンプン、乳化剤、増粘多糖類、クチナシ色素、香料、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む)