コストコの丸々ソーセージ『スイートロンガニーサ』は激こってり甘い超個性派

コストコで販売されている冷凍の『スイートロンガニーサ』はご存知でしょうか。

フィリピン風ソーセージ「ロンガニーサ(LONGANISA)」。コストコで見かける2種類(「ホット」と「スイート」)のうち、より甘いほうがこちら。カラメルソースをまとったようなこってり濃厚ソーセージは、けっこうクセになる味ですよ。

Siwin Foods|スイートロンガニーサ|780円

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで見かけるSiwin Foods(スウィンフーズ)の『スイートロンガニーサ(SWEET LONGANISA)』(品番:591668)。1パックに生ソーセージが24本入って(750g)、お値段は780円(税込)です。コスパ(単価)は、100gあたり104円、1本(約31g)あたり約33円。カロリーは100gあたり303kcal(脂質 20.1g、炭水化物 17.4g)。

「ロンガニーサ(LONGANISA)」はフィリピンのソーセージ。カナダの食品メーカー・Siwin Foods(スウィンフーズ)が製造し、コストコが輸入したものです。ちなみに、売り場では『スイートロンガニーサ』と並んで『ホットロンガニーサ』も見かけます。お好みの方を選ぶとよいでしょう。

『ホットロンガニーサ』と同じくコロコロと丸っとしたルックスで、色合いは若干明るめ。ソーセージは3本ずつつながっています(3本×8セット)。少し溶けると、パックから取り出せるようになりますよ。

調理方法は?

フライパンに水を入れ、ロンガニーサが軽く浸る状態で火にかけます。沸騰してロンガニーサが白っぽくなり始めたら、フォークを刺して、内側の脂を外に出してやりましょう(そのままだと破裂するとか)。ある程度火が通ったら、繋ぎ目部分をハサミでカットしておきます。

なおも加熱し続けるうちに水分が飛び、自らの脂で炒めていく感じに。表面におこげができはじめたら次の段階へ。

1本のロンガニーサを3分割ぐらいカットにして、断面も焼き上げていきます。脂と一緒に糖分も出てきて、カラメルのような色合いに。とろりとしたソース状となり、ソーセージに絡んでいきます。フライパンの表面はもはやドロドロのベトベト。

どんな味?

まず第一印象はこってりと甘い! その後から豚肉のうまみやコクがやってきて、食べごたえを感じるという塩梅ですね。『ホットロンガニーサ』はほんのり辛みを感じましたが、『スイート』にはそういったスパイシー感はなく、甘さ一辺倒となっています。これ単体で食べるというよりは、ワンプレートにいろいろのせて、味を移しながらいただくのがよいでしょう。目玉焼きとの相性も、なかなか良好でした。

『スイートロンガニーサ』は、脂をたっぷり含んだアメ状のソースでいただくソーセージです。カラメルのこうばしい風味やこってり濃厚な甘さとうまみは、元気が出る味わいで、慣れるとけっこうクセになりますよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|591668 ■内容量|750g ■カロリー|100gあたり303kcal(たんぱく質 13.2g、脂質 20.1g、炭水化物 17.4g、食塩相当量 1.35g) ■製造者|Siwin Foods ■販売者| ■原産国|カナダ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|豚肉、砂糖、醤油、香辛料、食塩、酵母エキス/加工デンプン、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)