コストコ版『フィッシュ&チップス』は豪快パンガシウスで味わい合格のパーティー食材

コストコで販売されている『フィッシュ&チップス』はご存知でしょうか。

巨大な魚のフリッターと、たっぷりのフライドポテト。イギリスの名物料理をお手軽に楽しめます。これがあるだけで、パーティ気分が最高に上がりますよ~!

コストコ|フィッシュ&チップス|108円/100g

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『フィッシュ&チップス(FISH AND CHIPS)』(品番:96705)。お値段は100gあたり108円(税込)。購入したものは1,383gで1,494円(税込)でした。

イギリスの名物料理「フィッシュ&チップス」は、魚の揚げ物とフライドポテトの組み合わせ。魚はタラが使われることが多いですが、本品ではパンガシウスなんですね。20cm超の大きな半身をまるごとフリッターにしたものが3つ入っています。その下にはフライドポテトが敷いてありますよ。そのほか、レモン、パセリ、タルタルソースが入っています。

アルミケースごと180℃に予熱したオーブンで30分加熱すればできあがり……なのですが、それだとフリッターの下敷きになっているフライドポテトがフニャッとしたまま。なので、フライドポテトをカリッとさせたい場合は、別に取り分けて温めましょう。

どんな味?

全体に適度な焦げ色が加わり、表面がカリッと仕上がりました。皿に盛り付ければ、早くもパーティ気分が盛り上がってきます!

フリッターは衣がカリカリサクサク! パンガシウスの身はフワッと柔らかで、ホロホロと崩れます。

その味はほとんどクセがなく、それでいてうまみは感じられ、とても食べやすい! 本来的に使われるタラなんかは独特のにおいがありますからね~(まあ、それがいいんですが)。ほんのり塩味も付いているので、そのままパクついてもイケます。

フライドポテトも表面はカリッとしつつ、中はホクホク。皮付きなので土の風味を感じさせてくれます。フリッターと交互に食べると、止まらないんだこれが。

味変したくなったらタルタルソース。ただ、ピクルスなどの具材の存在感が薄く、ほぼマヨネーズという印象なのがちょっと残念。つけすぎると、こってりし過ぎるんですよね。もう少し酸味がほしいところ。

そこでおすすめしたいのが「モルトビネガー」です。大麦麦芽から作ったお酢でして、本場イギリスでは、衣がデロデロになるくらいたっぷりかけるんだそうです。実際にモルトビネガーをかけてみると、コクのある酸味が油っこさを中和しつつ、フリッターの味わいに奥行きを与えてくれますよ。

カロリーは?

『フィッシュ&チップス』のカロリーは100gあたり231kcal(脂質 15g、炭水化物 17g)。つまり全体(1,383gの場合)では約3,195kcalという計算になります。1家族(4人を想定)で消費する場合は、1人あたり約346gで、約799kcal。揚げ物だけに、かなり高カロリーですね。2食に分けていただくなど、量を調整しつつお召し上がりください。

*    *    *

『フィッシュ&チップス』は、パンガシウスのクセのない味のおかげで、誰でも食べやすい一品になっていますよ。これがどーんと出てくれば盛り上がること間違いなし! 実にパーティ向きの食材です。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|96705 ■内容量|1,383g ■カロリー|100gあたり231kcal(たんぱく質 7g、脂質 15g、炭水化物 17g、食塩相当量 1.2g) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■消費期限|加工日の2日後 ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■原材料|パンガシウスフリッター(パンガシウス、小麦粉、植物油、でん粉、食塩、乳糖、料理酒、還元澱粉糖化物、塩麹、香辛料)、フライドポテト、タルタルソース、レモン、パセリ/加工でん粉、糊料(加工デンプン、メチルセルロース、キサンタン)、膨張剤、カロチノイド色素、ピロリン酸Na、pH調整剤、香辛料抽出物、乳酸Ca、酸味料、グリシン、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・りんごを含む)