コストコの1kg超コーヒー豆『スターバックス フォールブレンド』はどんな人におすすめ? 味傾向・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されているコーヒー豆『スターバックス フォールブレンド』をご存じでしょうか。

その名のとおり、スタバ製の秋向けコーヒー豆ブレンドです。どんな人におすすめの味傾向なのか、コスパなども含めてチェックしてみました。

スターバックス フォールブレンド 1.13kg|2,398円

『スターバックス フォールブレンド(Starbucks Fall Blend)』は2,398円(税込、品番 33897)。説明するまでもなく、スターバックスコーヒーブランドのコーヒー豆、秋向けブレンド1.13kg分を詰め込んだ徳用パックですね。

生豆生産国、コスパなどは下記のとおり。

コーヒー豆の仕様・コスパ

  • 仕様|レギュラーコーヒー(豆)
  • 内容量|1.13kg
  • 100gあたり約212円
  • 1杯=約10gで約113杯分
  • 1杯(約10g)あたり約21円
  • 生豆生産国|ホンジュラス、インドネシア
  • 焙煎|ミディアムロースト(スタバ基準)

焙煎レベルはスタバ基準の3段階(ブロンド・ミディアム・ダーク)でミディアムロースト。一般的には深煎りのシティローストというところでしょう。豆のサイズ感や状態にはわりとバラつきがありますね(ブレンド品ですし)。

味の傾向は?

味の傾向

  • 苦味|■■■□□
  • 酸味|■■□□□
  • 甘み|■□□□□
  • コク|■■□□□
  • 香り|■□□□□

中細挽き・ペーパードリップで淹れた感想としては、“苦味寄りのバランス型” かと思います。

クセのない素直な味わい。苦味の中にマイルドな酸味が一瞬立つ感じで、全体的にはクリアでスッとした飲み口という印象です。ほんのりアーシーっぽさはあるものの、個性の弱い無難な味とも言えますね。

ただ、苦味の質についてはやや好みを分けるかも。ローストの強さによるのか甘みや香りが弱いせいなのか、微妙に焦げっぽい硬さを感じる苦味なんですよね。このへんはミルクと合わせやすい味とも言えるので、ラテにも向いたコーヒー豆として調達するのもアリでしょう。

商品情報

■品番|33897 ■名称|レギュラーコーヒー ■内容量|1.13kg ■カロリー|― ■原産国|アメリカ ■輸入者|ネスレ日本 ■原材料|コーヒー豆(生豆生産国名:ホンジュラス、インドネシア)