コストコの『春雪さぶーる 北海道産十勝スイートコーン』はどう? 味・食べ方・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されている春雪さぶーる『北海道産十勝スイートコーン(110g×24缶)』はご存じでしょうか。

国産のとうもろこしを使った、自然な甘さがうれしいコーン缶です。液汁が少ない「ドライパック」なので、サラダなどに使いやすいですよ。コスパもまあまあ優秀。買い置き用にどうぞ~。

春雪さぶーる|北海道産十勝スイートコーン(110g×24缶)|2,198円

こちらがコストコで販売されている春雪さぶーる『北海道産十勝スイートコーン』(品番:27021)。コーンの缶詰(110g)が24缶セットで、お値段は2,198円(税込)です。1缶あたりのコスパ(単価)は約92円。

エア・ウォーター社傘下で、北海道を拠点とする「春雪さぶーる」の製品。製造所はエア・ウォーター十勝食品です。北海道十勝産のスイートコーンを使用。一般のスーパーではなかなか見かけない商品なので、気に入ったらコストコでゲットしましょう。

旬の時期である8月に収穫し(シーズン)、少量の水と塩で蒸し上げた(ドライパック)ということで、「シーズン・ドライパック」と記載されているようですね。液汁が少ないので、サラダや炒め物には使いやすいですよ。ちなみに、砂糖は不使用です。

どんな味?

本品のコーンはシャクシャクとした食感で、自然な甘み。塩はほんのり効いている程度ですね。とうもろこしの風味が豊かに香ります。クオリティは十分高いと言えそうです。「ドライパック」といっても液汁がゼロというわけではなく、底のほうに少し入っており、おかげでコーンもしっとりとしています。

サラダの具材にしてみました。キヌアサラダのなかでも独自の存在感を発揮してくれるので、バラエティ感が出ますし、食べごたえもアップしますね。

スープの具材として使ってみました。コーンだけでなく、ぜひ液汁も活用しましょう。溶き卵や玉ねぎも入った中華風スープですが、そのなかではコーンのしっかりとした歯ごたえが印象的。よいアクセントになってくれますよ。

ホットサンドの具材にもお役立ち。パンにバターとケチャップを塗り、本品とチーズ、ミックスビーンズを挟みました。溶けたチーズとコーンは、相性バッチリですよ!

コスパを比較してみた

コーン缶といえば、スーパーでも定番の商品です。それらに比べて、コストコで買える本品はお買得なのでしょうか?

そこで、近所の店舗での販売状況をチェックし、100gあたりのコスパを比較してみました。今回は「スイートコーン」で「食塩添加タイプ」かつ「砂糖不使用」のものをチョイスしましたが、産地が異なったり、ドライパックではなかったりといった違いがあるため、厳密な比較とは言えません。あくまで相場の目安として参考にしてください。

コストコ

  • 春雪さぶーる 北海道産十勝スイートコーン……100gあたり83円

スーパーA

  • PB 北海道十勝産スイートコーン……100gあたり95円
  • はごろもフーズ シャキッとコーン……100gあたり68円
  • いなば食品 もぎたてコーン……100gあたり114円

スーパーAのPB商品『北海道十勝産スイートコーン』(エア・ウォーターが製造を担当しているので、かなり近い製品と言えそう)が100gあたり95円。それに比べて、コストコ版は12%ほど割安です。ただ、海外産とうもろこしを使用している『シャキッとコーン』と比べると割高になっていまいますね。というわけで、コストコの春雪さぶーる『北海道産十勝スイートコーン』は、国産とうもろこしのコーン缶をコスパよくゲットしたいときの選択肢と言えそうです。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

春雪さぶーる『北海道十勝スイートコーン』は、1缶(110g)あたり73kcal(たんぱく質 2.6g、脂質 1.3g、炭水化物 12.8g(糖類 4.1g)、食塩相当量 0.5g)です。とはいえ、単体で食べると言うよりは、サラダやスープなどに入れることの方が多いかと。料理のカロリーを計算する際には、この数字をプラスしてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|27021 ■内容量|110g×24缶 ■カロリー|1缶(110g)あたり73kcal(たんぱく質 2.6g、脂質 1.3g、炭水化物 12.8g(糖類 4.1g)、食塩相当量 0.5g) ■製造所|エア・ウォーター十勝食品 ■販売者|春雪さぶーる ■原材料|スイートコーン(北海道十勝産)、食塩/酸化防止剤(V.C)