MENU

コストコ『クロワッサンシュー(チョコ&プラリネ)』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコで販売されている『クロワッサンシュー(チョコ&プラリネ)』をご存知でしょうか。

シュー皮に使用されているのはフランス産のクロワッサン生地。中にはチョコやプラリネのクリームがたっぷり入っています。コストコだけに1個は大きめなんですが、クロワッサンが軽めの食感+クリームは甘さ控えめなので、ぺろりといけちゃう……これは魔の菓子パンです! おやつというよりは、朝食としてコーヒーと一緒にいただきたいですね。冬季限定登場なので、気になる方はお早めにどうぞ!

目次

コストコ|クロワッサンシュー(チョコ&プラリネ)|1,298円

こちらがコストコのベーカリーコーナーで販売されている『クロワッサンシュー(チョコ&プラリネ)』です。お値段は1,298円(税込)。1パックに「チョコ」(チョコソースがかかっているほう)と「プラリネ」(アーモンドスライスがのっているほう)が3個ずつ入っています。

1個のサイズは大きめで、手のひらにのせるとこんな感じ。「シュークリーム」というイメージで捉えると、かなりビッグサイズに思えますね。

クリームは甘さ控えめで、クロワッサン生地との相性よし

ふわっと焼き上げられたクロワッサン生地のなかには、クリームをたっぷり注入した本品。断面はこんな感じでした。使用されているのは、チョコクリームとプラリネクリーム(アーモンド風味の軽いクリーム)です。

さて、味のほうですが、まず、チョコレートクリームについて言えば、甘さは思ったほど強くなく、食べやすい。それでも、チョコのコクと香りはしっかり感じられます。チョコチップが練り込まれており、食感の違いを楽しめました。

いっぽう、プラリネクリームのほうは、アーモンドのこうばしい香りが鼻に抜けるのが心地よい。軽い酸味があって、軽さ・さわやかさを感じさせる味わいに仕上がっています。チョコのクリームに対して、色だけでなく味についてもよい対比になっている感じですね。

クロワッサン生地は、上の方はこうばしく焼き上げられていますが、下の方はふかふかの仕上がり。バターの風味とほのかな甘み、塩味があって、単体でもおいしいのですが、写真のように一口サイズにちぎって、クリームを付けて食べるのがベストです。

見た目は大きいんですが、意外とぺろりといけちゃう本品。ただ、カロリーはかなりあると思われますので、くれぐれも食べ過ぎに気をつけくださいね。

商品の評価と詳細情報

クロワッサンシュー(チョコ&プラリネ)
総合評価
( 4 )
品番93241
内容量725g(6個入り)
カロリー不明
消費期限購入日から3日後
保存方法要冷蔵4℃以下
原材料シュー生地(小麦粉、無塩バター、砂糖、イースト、全粉乳、小麦グルテン、食塩)、乳等を主要原料とする食品、フラワーペースト、牛乳、アーモンドフィリング、カスタードクリームミックス、チョコレートコーチング、ナパージュ、チョコレート、スライスアーモンド、糊剤(加工デンプン、セルロース、CMC、アルギン酸Na、ペクチン)、乳化剤、グリシン、pH調整剤、酸味料、香料、カロチノイド色素、V.C、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(亜硫酸塩)、(原材料の一部に大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次