MENU

コストコの『リンツ リンドール ピンクアソート』は最近どう? 4種フレーバーとコスパ変化をチェックしてみた

コストコの『リンツ リンドール ピンクアソート』は最近どう? 4種フレーバーとコスパ変化をチェックしてみた

コストコで販売されている『リンツ リンドール ピンクアソート』をご存じでしょうか。

おなじみのスイス老舗チョコブランドによる徳用パックのひとつですね。最近のフレーバー4種類や値上げによるコスパ変化をチェックしてみました。

目次

価格・内容量は?

『リンツ リンドール ピンクアソート』は2,238円(税込、品番 31620)。スイスの老舗チョコブランド、リンツ(LINDT & SPRÜNGLI)の定番「リンドール(Lindor)」4種を詰め込んだ徳用パックです。

コストコでは超定番品としておなじみですよね。なお、本品の原産国はイタリアとなります。

コスパは?

オフィシャルの内容量は600g。100gあたりの単価(コスパ)は約373円。2021年末にご紹介した際は約316円/100gで販売されていたので、18%ほどの値上げとなっています。まぁ、ここ1年ほどの経済情勢が反映されたお値段なんでしょうねぇ。

最近の価格は?

『リンツ リンドール ピンクアソート』は時期によって価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2021年12月1,898円600g・当時のレビュー
2023年2月2,238円600g
2023年10月2,398円600g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

フレーバー4種類は?

『リンツ リンドール ピンクアソート』に含まれる「リンドール」は4種類。内訳は以下のとおりです。

  • ミルク(Milk) …… 12個
  • ソルテッドキャラメル(Salted Caramel) …… 12個
  • ホワイト(White) …… 12個
  • ダブルチョコレート(Double Chocolate) …… 12個

各種12個ずつ、総計48個入りです(個体差はほとんどないかと)。ちなみに以前にご紹介した際は「ダブルチョコレート」(写真右端)ではなく「アーモンド」が含まれていたので、もしかしたら時期によって構成が変わるのかも。

1個はこんな感じのひとくちサイズ。重さは平均すると約12.5gです。

4種類はどんな味?

ミルク

こちらはどの「リンドール アソート」にも含まれる超定番フレーバー「ミルク」です。

誘うような甘やかさと旨みをもったリッチなミルクチョコ。厚めのチョコシェルに包まれたガナッシュがスゥっと口溶けし、香ばしく広がる感じ……しあわせですよねぇ。

ソルテッドキャラメル(塩キャラメル)

「ソルテッドキャラメル」、塩キャラメルですね。塩気で押し上げられたキャラメルのコク甘さがじんわり……よ〜く味わって食べたいやつです。ちょっとカリッとした塩の食感も。

わかりやすいキャラメルフレーバーではなく、やや重めとも言えそうな風味なんですよね。ハマるなぁ。

ホワイト

とろんとしてあたたかな甘さが溶け広がる「ホワイト」。その甘さは熱すぎず(のどに焼け付くような感じがない)、こってりすぎないココアバターがお口を満たしてくれます。脳まで光速で糖分が届きそう〜。

ダブルチョコレート

こちらは以前のピンクアソートにはなかった「ダブルチョコレート」です(天辺のぽっちが濃色)。

「ミルク」と比べるとビター感がマシマシ。加えてどこか洋酒を思わせる香気が濃く漂います。大人な味わいですね。余韻の強さもポイントです。

ピンクアソートはどんな人におすすめ?

「リンツ リンドール」はどのアソートも味わい的には間違いなくおすすめです。とくにホワイトチョコや塩キャラメルチョコがお好みなら、この『ピンクアソート』がおすすめです。

コスパ的には1個あたり約47円で、公式オンラインショップ(約110円/1個)などと比較すると圧倒的にお買い得ですよ。

1個のカロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり628kcal(たんぱく質 4.9g、脂質 48g、炭水化物 43g)、1個(約12.5g)あたりでは約79kcalです。何かと気を使っているのであれば、いちどに食べるのは2個までにとどめておきたいですかねぇ(全種=4個食いで約316kcal、ハンバーガー級)。

商品の評価と詳細情報

リンツ リンドール ピンクアソート
総合評価
( 5 )
スクロールできます
品番31620
内容量600g
カロリー100gあたり628kcal(たんぱく質 4.9g、脂質 48g、炭水化物 43g、食塩相当量 0.3g)
原産国イタリア
輸入者コストコホールセールジャパン
原材料砂糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、脱脂粉乳、乳脂肪、低脂肪ココアパウダー、キャラメル、大麦麦芽抽出物、食塩、バニラビーンズ/乳化剤(大豆由来)、香料
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次