MENU

コストコ恒例『パンプキンパイ』の2023年版はどう? アノ絵柄が消えたシンプル仕様で味わいは……

秋のコストコおなじみスイーツ『パンプキンパイ』。ハロウィンの時期になると登場しますよね。2023年版は昨年までとは明らかに違うルックスでして、ジャック・オー・ランタンの絵柄のない、ガチシンプル仕様!  さみしくなったような、むしろそのほうが買いやすいような。出来はどうなんでしょう?

目次

『パンプキンパイ』の価格・内容量は?

コストコのプライベートブランド「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」の大型スイーツ『パンプキンパイ』は1,598円(税込、品番 93822)。毎年ハロウィンの時期になると登場する恒例商品ですね。

直径は約28cm、重量は約1,550g(編集部計測)。100gあたりの単価(コスパ)は約103円。お値段は2022年版と変わらず据え置きですね(2021年は約87円/100gでしたけど)。

2023年版は顔がない!

2022年版(写真上)と2023年版との違いは明らかですね。2023年版『パンプキンパイ』は、シュガーパウダーで描くジャック・オー・ランタンも周囲の盛り付けホイップもなくなっています。シンプル・イズ・ベストとも言えるし、ハロウィン的盛り上がりに欠けるとも言えるし、コストカットとも言えるし……。ちょっとさみしくなりましたかねぇ。

2017年版に近いかな?

『パンプキンパイ』はどんな味?

さて、お味のほうですけど、賑やかさもホイップも失われたものの、味としては立派なパンプキンパイとなっていますね。かぼちゃ自体の甘みや香りを活かしつつ、でもシナモンのスパイシーな甘みも加えて、 “かぼちゃ過ぎない” 風味にまとまっており、旨みがいいんです。じっくり味わいたいやつ。

たぶんこの『パンプキンパイ』、かぼちゃスイーツ系が苦手な人でもおいしくいただけるんじゃないかと思います。みっしり濃密なペーストは繊維質な感じはなく、あらごし的ではない、なめらか食感。それを受け止めるタルト生地は厚みしっかりでホクホクとした甘み。食べやすく感じるのはタルト生地の存在も大きそう。

フォークで刺してもこんな感じ。とにかくみっしりとしていて食べごたえがあるんです。

絵柄がないせいか、2023年版の『パンプキンパイ』はより味で勝負しているような……(気のせい、毎年それなりの味だったはず!)。気にならぜひお試しを!(損はないはず!) あと、ハロウィンが苦手で、ジャック・オー・ランタンが描かれているスイーツはちょっと……みたいな方、今年はチャンスです!

『パンプキンパイ』のカロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり240kcal(たんぱく質 4.5g、脂質 13g、炭水化物 26.6g)。12カットで食べるとした場合、1カット(約130g)あたり約312kcalです。

商品の評価と詳細情報

パンプキンパイ
総合評価
( 4 )
品番93822
内容量1P
カロリー100gあたり240kcal(たんぱく質 4.5g、脂質 13g、炭水化物 26.6g、食塩相当量 0.49g)
製造者コストコホールセールジャパン
保存方法4℃以下で要冷蔵
原材料かぼちゃピューレ(ニュージーランド製造)、全卵、乳等を主原料とする食品、小麦粉、ショートニング、シーズニング(砂糖、クリームパウダー、小麦粉、脱脂粉乳、シナモン、乾燥卵白、大豆粉、ナツメグ粉、しょうが、オールスパイス)、砂糖、カスタードクリームミックス、かぼちゃ粉末、卵黄、脱脂粉乳、食塩/増粘剤(加工デンプン、アルギン酸Na)、乳化剤、pH調整剤、カロチノイド色素、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次