MENU

業務スーパーの『ミニプラリネ チョコレートトリュフ』はほんのりお酒が香り良いやつ

業務スーパーで販売されている『ミニプラリネ チョコレートトリュフ』をご存じでしょうか。

ほんのりお酒が香る大人なひとくちチョコです。口溶けとろ〜りなフィリングは品の良い風味でして、ひとつぶの満足感はお高め。チョコ好きも納得の味わいです。

目次

業務スーパー|ミニプラリネ チョコレートトリュフ|159円

『ミニプラリネ チョコレートトリュフ(Milk Chocolate pralines with truffle filling)』は159円(税込)。内容量は100g、カロリーは473kcal(脂質 22g、炭水化物 65.8g)、アルコール分1.6%(仕込時)。18個入りで、1個(約5.6g)のカロリーは約26kcal、コスパ(単価)は約9円。原産国はポーランド(ブランドはバロン・Baron)、輸入者は神戸物産です。

なお、パッケージ記載の「Ivory Coast」はコートジボワールの英語名。本品は世界のフレーバーをテーマにしたチョコシリーズのひとつだそうで。

アルコールがほんのり香る大人なひとくちチョコです。ミルクチョコの中にはやわらかフィリング。そのアルコールの香りも手伝ってか、アイリッシュコーヒー(ウイスキーベースのコーヒーカクテル)のような風味良さを感じるんですよねぇ。甘みと洋酒的ビター感のバランスがいいんです。

でも、アルコールが強いわけではないので、その手のものが苦手な方でもご安心を。

ひとつぶひとつぶ、ちゃんと味わえる上品な風味。業スーでちょいと大人なチョコが欲しかったら『ミニプラリネ チョコレートトリュフ』をぜひどうぞ。

商品の評価と詳細情報

ミニプラリネ チョコレートトリュフ
総合評価
( 4.5 )
内容量100g
カロリー473kcal(たんぱく質 4.7g、脂質 22g、炭水化物 65.8g、食塩相当量 0.2g)
原産国ポーランド
輸入者神戸物産
原材料砂糖、ココアバター、グルコースシロップ、グルコースフルクトースシロップ、脱脂粉乳、カカオマス、チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター)、ホエイパウダー、加糖練乳、バターオイル、アルコール/グリセリン、乳化剤、カラメル色素、香料、増粘剤(寒天)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次