コストコのサラダは主食でいける! 『グレインズボウルサラダ』が穀物&野菜たっぷりで腹持ちよすぎ

最近注目を浴びている「グレインズサラダ」をご存知ですか? グレインズとは穀物のこと。野菜と一緒に食べることで、カロリーを押さえつつバランスのよい栄養を摂取できるので、じわじわと人気を集めているんです。

そして最近、コストコでも穀物を加えたサラダがラインナップされるようになりました。その名も『グレインズボウルサラダ』! グレインズとして入っているのは小麦や大麦。そしてひよこ豆。これらをレタスやキャベツといったたっぷりの野菜とともにいただくと…おいしい上に、満腹感がバッチリ得られるんです!

 

コストコ|グレインズボウルサラダ|998円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのPBブランド「カークランドシグネチャー」印でラインナップされている『グレインズボウルサラダ』です。お値段は998円(税込)。2層になっていて、下段にはレタスや、赤キャベツとにんじんのスライスが入っています。

ボリュームは? 内容量は?

サイズは、女性スタッフが両手で持ってこんな感じ。パッケージに記載されている内容量は835gでした。

原材料は?

原材料は以下の通り。売り場のポップによると、レタスはロメインレタスで、小麦にはホラーサーン小麦(古代小麦)が使われています。また、書かれていないけど入っているのがオリーブです(「その他」に含まれる?)。

【原材料名】レタス、グレインズ・ベジタブルミックス(ゆで小麦、ゆで大麦、ほうれん草、ゆでひよこ豆、焼き赤ピーマン、その他)、乳化液状ドレッシング、野菜ミックス(赤キャベツ、にんじん)、蒸し鶏、ベーコンビッツ、くるみ、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、くん液、香辛料抽出物、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、発色剤(亜硝酸Na)、酒精、ミョウバン、フィチン酸、カゼインNa、乳化剤、着色料(カラメル、ウコン)、酸味料、pH調整剤、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆、豚肉を含む)

グレインズが食べごたえ十分で満腹感を得られる!

こちらが上の段と下の段を分離させた全体像。写真手前が上の段で、グレイズサラダミックス、蒸し鶏、ベーコンビッツ。ドレッシングは2つに分けられていました。写真奥は下の段。レタス、赤キャベツのスライス、ニンジンのスライスが入っています。

グレインズサラダミックスを拡大。ゆでた小麦、大麦、ひよこ豆をメインに、ほうれん草、赤キャベツ、くるみ、オリーブが確認できます。

サラダとして盛ってみました。これで使用したのは、全体の半分程度。なので、もう一皿分作れます!

ドレッシングをかけて完成! 穀物類はもちもちとした食感があり、噛みごたえがあります。くるみはサクサクと香ばしい。そしてオリーブはやはり大人の味がしますね。ドレッシングはカレーの風味がついたサウザンアイランド系。かすかにピリッとした辛みもあります。ディルが効いているのか、ピクルスっぽいあの香りもしました。

サラダだけだと単調になるところを、蒸し鶏とベーコンの肉成分が要所をしっかりと締めてくれており、飽きずに食べ進められます。特筆したいのが、グレインズたちのおかげで満腹感が高いということ。サラダ中心の生活をしたいけど、物足りない……という人にはぜひおすすめしたい一品です。