コストコ『豪州産アスパラガス』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック

野菜や果物の取り扱いも充実しているコストコ。でも、聞きなれない品種だったり、海外産だったりと、買っても大丈夫なのか気になりますよね。

たとえばコストコの『アスパラガス』はオーストラリア産。1袋で11本とたっぷり入っています。これって、一般のスーパーで売られているアスパラガスと比べておトクなのでしょうか?

そこで、mitokではコストコ食材のアレンジレシピでお馴染みの塩野めいこさんに、ガチンコのレビューを依頼。2歳・4歳の男児を育てる主婦の目線から、厳しくチェックしてもらいました!

※本検証は、2017年12月4日に購入した1袋についてのものです。個体差、保存状態、購入店、入荷時期などによって、品質は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。あくまでも判断材料のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

『オーストラリア産アスパラガス』の商品情報

  • 価格 498円(税込)
  •  11本入り、470g(実測値)
  • 単価 1本あたり45.3円
  • 産地 オーストラリア
  • メーカー MACK
  • 購入日 2017年12月4日
  • 消費期限 記載なし

鮮度は?

購入した1袋に関しては、フレッシュさはいまいちでした。特に気になったのは以下の2点です。

  • 穂先が開いているものが数本あった(とはいえ、食感はやや異なるものの味に変化はないので問題なく食べられる)
  • ごく一部、穂先が傷んでズルズルになっていた(傷んだ箇所を取り除けば、残りの部分は普通に使える)

本品がビニール袋に入っていることもあって、これらの点は開封するまで気がつきませんでした。購入時によくチェックする、持ち帰りの際は荷物の一番上に置く、といったケアが必要ですね。

根元は真っ白に乾燥しており、ひび割れもありますが、これは輸入物の宿命。保存の際は、濡らしたキッチンペーパーで根元を包んであげると日持ちしますよ。水を入れたグラスなどにアスパラガスを立てて、1晩ほど置いてもOKです。

こちらは水を吸わせたアスパラガスの可食部分の断面。水分をたっぷり含んで、ジューシーになっています。

ちなみに、アスパラガスの過食部分は、根元を持ってグッと曲げた際に、自然と折れたところが境目。本品の場合は、不過食部分が6cmほどありました。

味は?

味に関してはクセがなく食べやすいですね。また、アスパラガス特有の青臭さもさほど強くないので、いろいろな料理に合わせやすそうです。

前述のように傷んでいるものもありましたが、そこさえ取り除いて調理すれば問題ありません。

コスパは?

コストコのアスパラガスは、かなり大きいサイズで揃えられており、1本測ってみたところ、長さ25.5cm、直径1.6cmほどもありました。1本あたりの単価は45.3円です。

いっぽう、近所のスーパーで売っているアスパラガスは、メキシコ産で3本214円(税込)でした。1本あたりの値段は71円で、コストコよりも小ぶりのサイズです。

以上のことから、コスパ面では、コストコのアスパラガスは非常におトクと言えます。

『オーストラリア産アスパラガス』のおすすめ度は?

おすすめ度 ★★★☆☆

  • 量がたっぷりあり、炒め物に便利!

一般のスーパーで売っているアスパラガスはだいたい3本で1セット。それに物足りなさを感じている人には、たっぷり入ってコスパのいいコストコのものはおすすめです。ただし、購入時には、傷みがないか状態をよくチェックしておきましょう。

バター醤油で炒めたり、茹でてサラダにしたりと、使いみちはさまざま。アスパラとベーコンの炒めものは鉄板レシピですが、そこにうどんを加えて「ベーコンアスパラ焼きうどん」にすると、おいしい上にお腹がいっぱいになる1品になりますよ!