コストコの78個入り「ミルクチョコプラリネ」はサクッと食感で手が止まらない

コストコで販売されているウィターズの『ミルクチョコレートプラリネ』をご存知でしょうか。

輸入菓子の定番的存在なので、他のショップでも見かけたという人もいるかも? ただ、コストコはやはりサイズ感が違う。1kgという大入り袋での取り扱いでして、一口サイズのチョコが78個も入っているんです。ちょっと甘めのチョコとまろやかなミルククリーム、そしてパフのサクサク感がバランス良くまとまっていて、ついつい「もう1個」と手が伸びてしまう逸品。常備おやつとして非常にお役立ちですよ!

 

ウィターズ|ミルクチョコレートプラリネ|1,298円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのチョコ菓子コーナーで販売されているウィターズ『ミルクチョコレートプラリネ』。お値段は1,298円(税込)です。1袋で1kgという大入りパックでして、数えてみると78個入っていました。1個あたり16.6円ということになりますね。ちなみに、「プラリネ」は「一粒チョコレート」の意味で使われているようでして、キャラメリゼしたナッツが入っているわけではありません。また、元々の商品名「Bianco Cuore」は、イタリア語で「白い心」という詩的なものなんですね。

個別包装の中身は、ひとつまみサイズのチョコレート。味の方はと言えば、外側のチョコがまずしっかりと甘い! とはいえ、薄い層なのでさほどしつこくはありません。内側はミルククリーム…なんですが、気温が低い場合は完全に固形状態となります。口の中で溶かしていくと、まろやかでミルキーな味わいが広がります。また、噛んでいくとパフがサクサクと音を立てるので、食べごたえは非常に軽快。これがついつい、「もう1個」と手が伸びてしまうんです。普段からテーブルの上に常備しておきたい、定番感のあるおやつですよ!

改めて特徴をまとめると以下の通りとなります↓。

  • 種類別は「準チョコレート」。チョコの風味はあるが、コクや香りは軽め
  • 外側はミルクチョコレートで、けっこう甘め。苦味はほとんどない
  • 内側はミルククリーム。こちらはまろやかで口溶けもなめらか
  • 噛むとパフがサクサクと軽快な音を立てるのが楽しい
  • 外国のチョコ菓子にありがちな変なクセもなく、親しみやすく食べやすい

商品情報

  • 種類別|準チョコレート
  • 内容量|1kg(78個入り、1個あたり12.8g)
  • カロリー|68.352kcal(1個あたり)
  • 原産国|イタリア
  • 輸入者|コストコ
  • 原材料|砂糖、植物油、カカオマス、ホエイパウダー(乳製品)、全粉乳、脱脂粉乳、ココアバター、パフ、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)