コストコの1kg超『ラスカス クリームチーズ』は巨大すぎるけど使い道は多い

コストコで販売されている『ラスカス クリームチーズ』はご存知でしょうか。

1本1.36kgという巨大なクリームチーズですが、なんといってもコスパが魅力的! 100gあたり87円ほどと、一般スーパーで売られている商品の半額以下レベルなんです。もちろんクオリティも遜色なしでして、パンに塗ったり料理に入れたりと、さまざまに活用できます。パーティでのおもてなし用に、レアチーズケーキをたくさん作ってもいいですね~。

シュライバーフーズ|ラスカス クリームチーズ|1,180円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの冷蔵食品コーナーで販売されている『ラスカス クリームチーズ』。1.36kg入って、お値段は1,180円(税込)です。

「ラスカス」は、アメリカはミズーリ州にあったクリームチーズの一大メーカー。2002年にシュライバーフーズに買収されて、現在は1ブランドとして継続しています。

箱を開けると、大きなビニールパッケージのなかにクリームチーズが詰まっていました。8オンス(227gほど)ごとにガイド線が引かれています。

本品はとにかくコスパが最強でして、100gあたりのお値段は87円ほど。コストコではフィラデルフィアのクリームチーズも取り扱っていますが、そのお値段は200g×3箱で998円。つまり100gあたり166円ほどです。『ラスカス クリームチーズ』の圧倒的なコスパのよさがおわかりいただけるでしょう。

原材料は「クリーム、牛乳、食塩、安定剤(増粘多糖類)」と、他メーカーのクリームチーズとほぼ変わらず。防腐剤、化学調味料、着色料なども使われていません。

そのお味はというと、塩味がややしっかりめに感じるものの、まろやかでコクがあり、酸味は軽めで、ミルキーな香りが印象に残ります。クセなどはなく、普段食べているクリームチーズと比べても、まったく遜色はありません。

クリームチーズと相性がいいのは、やはりドイツ系のパン。ライ麦を使っていて、酸味や独特の香りなどの癖があるのですが、クリームチーズによりそれらがうまく中和されて食べやすくなります。クリームチーズをたっぷりのせ(パンと同じくらいの厚さにするとグッド)、はちみつをかけ、クラッシュナッツを散らせば完璧です。ミルキーさに加えて、甘さとこうばしさも合わさり、極上の朝食になりますよ!

白パンをトーストしてクリームチーズを塗り、ハムをのせるのもお手軽でおいしい。クリームチーズが具材を引き立て、うまみを深めてくれます。こちらもクリームチーズは厚塗りがおすすめ。スモークサーモンなんかも合いますよ~。

こちらは、角切りにしたクリームチーズをトマトパスタに入れました。モッツァレラの代用的な使い方ですね。熱で柔らかくなったクリームチーズは、口の中でねっとりと溶けていきます。ミルキーな風味が立って、コク深い味わいを楽しめますよ。

『ラスカス クリームチーズ』を、レアチーズケーキ作成のために購入するのもアリ! こちらは6号サイズ(直径18cm)のクッキータルト台で、クリームチーズは8オンス分(227gほど)を使用しました。

クリームチーズを生クリーム、砂糖と混ぜ合わせ、レモン汁、ゼラチンを加えて、タルト生地台に流し込み、冷蔵庫で数時間冷やせばできあがり。

ゼラチンを多めにしたので、立体的な仕上がりとなり、食感はもっちりとなりました。砂糖少なめ、レモン汁多めにしてさっぱりとさせましたが、このあたりはお好みで調整するといいでしょう。クリームチーズの塩味は、レアチーズケーキにするとまったく気にならないですね。お菓子作りの材料としてもまったく問題ありません。パーティのおもてなし用としてたくさん作る必要がある場合には、『ラスカス クリームチーズ』が便利ですよ~。

商品情報

■品番|00577399 ■種類別|ナチュラルチーズ ■内容量|1.36kg ■カロリー|100gあたり321kcal(糖質 3.5g)、総計4,366kcal ■保存方法|要冷蔵(7℃以下) ■製造者|シュライバーフーズ ■原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|クリーム、牛乳、食塩、安定剤(増粘多糖類)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。