コストコの1.8kg『北海ちらし寿司』はイクラとズワイガニの量がすごい

コストコで販売されている『北海ちらし寿司』はご存知でしょうか。

巨大なパッケージ(30cm角)に敷き詰められた酢飯の上には、大量のいくらとずわいがにがのっています。ひと口ごとにたっぷりのいくらがプチプチとはじけ、ジューシーなエキスに満たされる! この幸福感は、なかなか味わえないですね~。高級感も十分なので、パーティのおもてなし用に最適ですよ!

コストコ|北海ちらし寿司|2,980円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『北海ちらし寿司』。1辺30cmの巨大なパッケージにちらし寿司を敷き詰めてありまして、お値段は2,980円(税込)です。編集部で独自に測定してみたところ、内容量は1.8kg近くありました。

同サイズのちらし寿司としては、以前『ずわいがにと帆立ちらし』がありました。そのときはいくらがサブ的なポジションでしたが、今回はメイン! とにかくたっぷりと入っています。その分、お値段も400円アップ。

「北海」を名乗る本品の具材は、いくらとずわいがにの2種類。なかでも、いくらの物量がすごい。一方でずわいがにも、棒肉じゃないので目立ちませんが、フレーク状のものがけっこうしっかりと入っています。

たっぷりのいくらが口の中でプチプチと弾けると、とろりとしたエキスがあふれ出し、酢飯を包み込んでくれます。この瞬間が最高! うまみのかたまりと甘酸っぱさが混ざり合い、至福の味わいになります。

酢飯は固めのもっちりとした歯ごたえですが、いくらのエキスに包まれることで、のどごしがなめらかになるわけです。しいたけやかんぴょう、にんじん、れんこん、こんにゃくといった具材が酢飯にうまみを足し、食感に幅を与えてくれます。

いくらに負けず、たっぷり入っているずわいがに。味自体は淡白なので濃厚ないくらの影に隠れがち。ですが、その風味のおかげで高級感、特別感が醸し出されますね~。そして、しそのさわやかな香りが全体を引き締めてくれます。

*    *    *

『北海ちらし寿司』は、これでもかと入ったいくらのおかげで、ごちそう感が半端ない! ただ、その味の濃厚さゆえに、いちどにたくさん食べると、ちょっとしょっぱく感じるところもあります。なので、少人数でたっぷり食べるというよりは、パーティなんかで大人数で取り分け、わいわいといただくのに向いている一品ですよ~。