コストコの肉厚3枚『アトランティックサーモン蒲焼』は脂のりすぎで茶漬け風がおすすめ

コストコで販売されている『ノルウェー産 アトランティックサーモン蒲焼』はご存知でしょうか。

脂がのった肉厚アトランティックサーモンを、蒲焼のタレでテリッテリに焼き上げてあります。ふっくら柔らかい食感の身と、こってり濃厚な脂に甘しょっぱいタレがよくからむ! 白飯にのせて丼にしたり、身をほぐしてごはんに混ぜ、ひつまぶしにしていただきましょう。

コストコ|ノルウェー産 アトランティックサーモン蒲焼|368円/100g

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

こちらがコストコの魚介コーナーで販売されている『ノルウェー産 アトランティックサーモン蒲焼(ATLANTIC SALMON KABAYAKI)』。お値段は100gあたり368円(税込)です。購入したものは内容量881gで3,242円(税込)でした。

ちなみに、コストコの定番食材である『刺身用生アトランティックサーモンフィレ』は、100gあたり378円(税込)。それに比べて、蒲焼きはちょっとだけ安いんですね。

細長く切り落とされたアトランティックサーモンの身が3本、タレがたっぷり絡んだ状態で入っています。ヒレがついていたりするので、背や腹など端っこの部位ですね。皮付きで調理されていて、ところどころ、こうばしそうな焦げ色もついていますよ。また、蒲焼のタレと山椒が付属しています。

断面を見てみると、脂(半透明の部分)がたっぷりのっているのが確認できます。この部位はハラスっぽさがあります。

ふわふわ食感の身を甘しょっぱいタレが彩る

蒲焼の身の部分は、ふっくらとしており舌触りは柔らか。サーモンのうまみも感じられます。ただ、蒲焼きとして食べるには脂が過剰にのりすぎている印象。口の中に重たいもったり感が残るんですよね。そのあたりを甘じょっぱい蒲焼きのタレでカバーして、なんとか “濃い味付け” としてまとめている感じでしょうか。

なので、単品でいただくには重すぎ。普通に白飯にのせてどうぞ。蒲焼をご飯に盛りつけたあと、付属のタレを(主にご飯に)かけ、山椒をふりかけていただきましょう。付属のタレ自体は濃すぎることはなく、ご飯の味付けとして良い感じです。

蒲焼の身をほぐして、好みの具材を加え(今回は枝豆)、ひつまぶしにするというアレンジもありです。これでも脂っこく感じる場合は、さらにお茶漬けにすることで、さっぱりさせることができますよ。

というわけで、『アトランティックサーモン蒲焼』は、脂多めの部位で味付けもこってり濃厚。けっこう人を選びそうな仕上がり。正直なところ、アトランティックサーモン自体のおいしさを味わうなら、『刺身用生アトランティックサーモンフィレ』のほうがおすすめです。

商品情報

■品番|0095391 ■内容量|881g ■加工者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■消費期限|加工日の2日後 ■原材料|アトランティックサーモン(ノルウェー産・養殖)、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、砂糖混合異性化液糖、水あめ、みりん、発酵調味料、砂糖、うなぎエキス/増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、酒精、着色料(カラメル、クチナシ、紅麹)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。