コストコの48貫寿司『ファミリー盛』の新ネタやコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『寿司ファミリー盛48貫』の内容が微妙に変わっているのをご存知でしょうか。

1貫56円という高コスパながらクオリティも十分の、お寿司の定番商品。ですが、実は時期によってネタが変更されたりします。現在はホタテ貝柱が入って、より万人受けするラインナップになってますよ。

コストコ|寿司ファミリー盛48貫|2,678円

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『寿司ファミリー盛48貫』(品番:95387)。9種類の寿司が入って、お値段は2,678円(税込)です。1貫あたりは約56円という計算になります。以前の『寿司ファミリー盛48貫』と値段は変わりません。ただ、今回はホッキ貝からホタテ貝柱にチェンジとなっています。

ちなみに編集部で重量を測定してみたところ、全体で1,786gでした。ネタによって30g~50gの幅があり、平均37gという感じになります。

今回のラインナップは、左手前から「まぐろ」「ぶり」「ほたて貝柱」「サーモン」「ねぎまぐろ巻」、左奥から「ゆでえび」「いか」「たこ」「玉子焼」という9種類です。サーモンが10貫、ねぎまぐろ巻と玉子焼が4貫ずつ、それ以外は5貫ずつ入っています。

コスパが良くてクオリティも十分

ホタテ貝柱は万人受けするネタですね。柔らかい歯ごたえでほんのり甘く、特に子どもが(ホッキ貝よりも)喜びそうです。

まぐろはまあ普通レベルですが、ぶりやサーモンは脂がのっていて、噛むほどにとろけていきます。また、やはりねぎまぐろ巻がグッド。大葉のさわやかな風味がまぐろたたきのうまみを引き立ててくれます。

ゆでえびはほんのり甘く、安定感のあるおいしさ。いかはねっとり食感で、細かく包丁が入れてあるので噛み切りやすいですよ。いっぽう、生たこは、シャクシャクとした歯ごたえが楽しい。

*    *    *

ネタが一部変わりましたが、『寿司ファミリー盛48貫』は相変わらずの高コスパ&安心クオリティです。というか、ホタテ貝柱がメンバー入りしたことで、より万人受けする内容になったかも? ちょっとした集まりのときに用意しておくお食事としてどうぞ~。

商品情報

■品番|95387 ■内容量|48貫、1,786g(参考) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■消費期限|加工日当日 ■原材料|にぎり(酢飯(国産米使用)、サーモン、ぶり、まぐろ加工品、たこ、ほたて貝柱、いか、ゆでえび、わさび加工品)、玉子焼、ねぎまぐろ巻(酢飯、まぐろたたき加工品、きゅうり、青ねぎ、海苔、大葉)、加工デンプン、pH調整剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.C、V.E)、酸味料、増粘多糖類、着色料(紅花黄、クチナシ)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)