コストコにある『ハローパンダ』はなつかしく感じる人もいそうな明治のチョコ菓子

コストコで販売されている『ハローパンダ』をご存じでしょうか。

かつて70年代に日本で「こんにちはパンダ」として販売され、いまは海外展開のみとなっている明治のチョコ菓子だそう。素朴なチョコクリーム入りビスケット。ちょっとしたネタ感覚でゲットするのもいいですかねぇ。

明治|ハローパンダ 10個|1,178円

お菓子コーナーで見かける『ハローパンダ(meiji HELLO PANDA)』は1,178円(税込、品番 23130)。1箱45gの10箱セット。1箱あたりのコスパ(単価)は約118円、カロリーは230kcal(炭水化物 30g)。原産国はインドネシア、輸入者はジュピターインターナショナルコーポレーションです。

この『ハローパンダ』、明治が海外事業で展開しているお菓子なんですね。もとは1979年に日本で「こんにちはパンダ」として販売されていたそうで、人によっては懐かしく感じるのかも。なんとなく「コアラのマーチ」(ロッテ)のパチもん的にも見えたりしますが(しない!?)、「コアラのマーチ」(1984年)よりも5年早く登場した商品です。ちなみに海外ではストロベリーやチーズなど数種類の味が展開されているようです(こんなCMとか)。

箱のサイズと中の袋のサイズがだいぶ違う。なんでしょう、この嵩増し感……。

どんな味?

だいぶ豪快にパンダの絵柄(プリント)がズレているしかすれている……! どういう絵柄なのか判然としないものばかりなのですが、それはそれでご愛嬌って感じも。

お味のほうは素朴なチョコクリーム入りビスケット。厚めのビスケット生地がけっこう存在感あり、微妙にのどが渇く粉っぽさ(チョコクリームの量がちょいと少ないせい?)。なんとなく「もう一歩感」があるお菓子ですかねぇ。mitok編集部内の意見は「『コアラのマーチ』と比べてはいけない」とか、「強いて言えば『パックンチョ』(森永製菓)に近いかも」とか。

とくに高く評価するポイントはないけど、マイナス点があるわけでもない『ハローパンダ』。圧倒的に “可もなく不可もなく” なチョコ菓子です。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|23130 ■内容量|45g × 10個 ■カロリー|1個あたり230kcal ■原産国|インドネシア ■輸入者|ジュピターインターナショナルコーポレーション ■原材料|小麦粉、チョコクリーム(砂糖、植物油脂、ココアパウダー、粉乳)、砂糖、ショートニング、植物油脂、食塩、麦芽エキス/膨張剤、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、酵素、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)