コストコにあるプロ用クッキングペーパー『花王シェフ』はどうなの? 使用感やコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている花王『シェフ たっぷり吸収 Mサイズ(12ロール)』はご存知でしょうか。

プロ仕様のクッキングペーパーが箱売りされています。水切り、油切りはもちろん、食材を包んで鍋で煮込むことも可能。ポーチドエッグが簡単に作れちゃいます。個人用途としてもお役立ちですよ。

花王|CHEF(シェフ) たっぷり吸収 Mサイズ(12ロール)|3,498円

こちらがコストコで見かける花王『CHEF(シェフ) たっぷり吸収 Mサイズ』(品番:27593)。6パック(1パック2ロール入り)セットになって、お値段は3,498円(税込)です。1ロールあたり約292円という計算になります。

『シェフ』シリーズは、プロ向けのクッキングペーパー。業務用分野を手掛ける花王プロフェッショナル・サービスの商品です。一般のスーパーなどではあまり見かけませんが、専門店や業者向けのオンラインショップで取り扱っているようですね。

天然パルプを使用した不織布タイプで、2枚重ねになっています。キメが細かくふわっとした手触り(一般的なキッチンペーパーのようにゴワゴワしていない)。1ロールは100カットで、1カットのサイズは265mm×240mm。

水切り油切りのほか、煮込みにも使える

メーカーのサイトで紹介されている使い方は、「濾す」「蒸す」「茹でる」「漬け込む」「落し蓋」「煮込む」「風味付け」「水切り」「鮮度を保つ」「絞る」「整える」「油切り」の12通り。冷凍えびを解凍したとき、本品で水気をさっと吸い取りましょう。

「塩豚」作りにもお役立ち。豚のかたまり肉に塩をして、クッキングペーパーで包み、空気に触れないようラップで巻いて、冷蔵庫で寝かせます。染み出してきたドリップは、クッキングペーパーがしっかり吸収。

茹でる際に食材を包むことで、型くずれを防ぐという使い方も。ここでは、ポーチドエッグを作ってみました。湿らせた『シェフ』に、卵を割り入れて、輪ゴムで縛り、お湯に入れます。数分後、冷水に浸して、粗熱を取ればできあがり。

白身は火が通りつつ、黄身はトロリとした仕上がりのポーチドエッグが、簡単に作れました。これはたしかに便利ですね~。

コスパは?

コストコでは、キッチンペーパーをいくつか扱っています。それらと比較して、『CHEF(シェフ) たっぷり吸収 Mサイズ』はお買い得なのでしょうか。

そこで、普段コストコで見かける『バウンティ ペーパータオル アドバンス』『KSペーパータオル』とコスパを比較してみました。

ただ、この2種は「ペーパータオル」ということで、掃除用途なども想定されています。いっぽう『シェフ』は料理用に特化した「クッキングペーパー」。厳密には同等の商品とは言えませんが、目安として参考にしていただければ。ちなみに、各商品は1カットのサイズが異なるため、500平方cmあたりの価格を算出しています。

  • 『花王 シェフ たっぷり吸収 Mサイズ』……500平方cmあたり2.7円
  • 『バウンティ ペーパータオル アドバンス』……500平方cmあたり2.5円
  • 『KS ペーパータオル』……500平方cmあたり1.4円

3種類のなかでは、『KS ペーパータオル』が最もコスパが優秀でした。ただ、『シェフ』と『バウンティ アドバンス』の差はわずかです。これなら、プロでなくても、個人ユースとして『シェフ』を選ぶという選択肢もアリですね。

商品情報

■品番|27593 ■内容量|100カット(265mm×240mm 2枚重ね)×12ロール ■製造者|花王プロフェッショナル・サービス ■原材料|天然パルプ