コストコ名物『シュリンプカクテル』の冷凍版は知ってる? エビ50尾の味やコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている冷凍食品『シュリンプ&カクテルソース』はご存知でしょうか。

ざっくり言えば、あの「シュリンプカクテル」の冷凍版。茹でえび50尾とカクテルソースがセットになっています。そのビジュアルインパクトは、会計時にレジスタッフが「夢の商品ですよね」と話しかけてくるほど。ご自宅で解凍すれば、いつでもパーティができますよ!

コストコ|シュリンプ&カクテルソース|2,998円

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで販売されている『シュリンプ&カクテルソース(COOKED SHRIMP&Cocktail Sauce)』(品番:1242712)。コストコPB・カークランドシグネチャー印の商品で、茹でえび(907g)と、カクテルソース(227g)をまとめて冷凍してあります。お値段は2,998円(税込)。

ちなみに、購入したものは、えびが50尾入っていましたので(個体差はあるかも)、1尾あたり60円ほどという計算になりますね。原産国は、えびはベトナム、カクテルソースはタイ。カロリーは以下のとおりです。

  • 茹でえび …… 85gあたり80kcal(脂質 0g、炭水化物 0g)
  • カクテルソース …… 20gあたり25kcal(脂質 0g、炭水化物 7g)

ところで、コストコでは、チルドの惣菜として『シュリンプカクテル』(1尾あたり47円ほど)や、『シュリンプカクテルプラター』(1尾あたり33円ほど)も取り扱っています。それらと比べると、本品はコスパ面では劣りますね…。いっぽう、消費期限が長く、買い置きしておけるというメリットは大きい!

解凍方法は?

パッケージに記載されている解凍方法は、冷蔵庫で8~10時間、または流水で10~15分となっています。ただ、今回は流水を試してみたのですが、気温・水温が低いこともあって、1時間かけても解凍しきれませんでした。準備はなるべく早めに進めておくとよいでしょう。

本品のプラ皿は、2重になっています。上の皿に穴があいており、溶け出たドリップが下の皿へと流れていくしくみ。とはいえ、上の皿にもドリップがかなり残ってしまいます。解凍し終わったら、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取りましょう。

フィルムは、プラ皿に被せてあるだけで、接着されているわけではありません。プラ皿ごと水中に沈めると、えびが水浸しになる可能性がありますのでお気をつけください。

味・食感はどう?

えびはけっこう大きくて、食べごたえ十分! 厚みがあるので、ムチッ&シャキッという歯ごたえを楽しめますよ。ただ、やや水っぽさがあり、風味やうまみは弱め。このへんは解凍ものの宿命ですかね~。

カクテルソースは、トマトケチャップっぽい味わい。そこにホースラディッシュ(粉わさびでおなじみの香り)がガツンと効いています。これだと、えびの風味がほぼ消えて、カクテルソースを味わうという感じになりがち。なので、各自、ご家庭にある別のソースも使ってみるとよいかも。

シュリンプカクテルとして食べきれない場合は、アレンジして消費しましょう。今回はえびとアボカドのサンドイッチにしてみました。えび、アボカド、たまねぎ、ゆで卵、マヨネーズ、レモン汁、塩、胡椒を和えるだけ。パンに粒マスタードを塗っておくと、味が締まります。このサンドイッチ、各素材の食感のハーモニーが楽しいし、味付けもえびの風味の弱さをしっかり補ってくれるので、おすすめです!

*    *    *

冷凍品の『シュリンプ&カクテルソース』は、チルド惣菜の『シュリンプカクテル』と比べると、クオリティ的には物足りないところがあります。ただ、長期保存できるのが最大の強み。先々にパーティの予定があるなら、買い置きしておくとよいでしょう。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|1242712 ■内容量|【エビ】907g 【カクテルソース】227g ■カロリー|【茹でエビ】4尾(85g)あたり80kcal(脂質 0g、炭水化物 0g) 【カクテルソース】1食(20g)あたり25kcal(脂質 0g、炭水化物 7g) ■原産国|【エビ】ベトナム 【カクテルソース】タイ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|【茹でエビ】エビ、食塩 【カクテルソース】トマトペースト、砂糖、ホースラディッシュソース(ホースラディッシュ、食酢、食塩)、食塩、食酢、ウスターソース(大豆を含む)、香辛料/糊料(増粘多糖類、加工でん粉)、酸味料