コストコのクルマ用ウェットシート『オキシクリーン インテリアクリーナー』は家の掃除にも強力でベンリ

コストコで販売されている『オキシクリーン インテリアクリーナー(30枚入×2個)』はご存知でしょうか。

車内の汚れを拭き取るためのウェットシートですが、ご家庭の掃除にも使用可能。ザラザラとした表側と、サラサラの裏側の2ウェイ仕様になっています。両面を使ってゴシゴシとこすれば、汚れがしっかり落ちますよ。

Hopkins Manufacturing|オキシクリーン インテリアクリーナー(30枚入×2個)|868円

こちらがコストコの自動車用品コーナーで販売されている『オキシクリーン インテリアクリーナー(OXICLEAN Multi-Surface CLEANING WIPES)』(品番:1457129)。30枚入りのボトルが2個セットで、お値段は868円(税込)です。コスパ(単価)は、1ボトルあたり434円、1枚あたり約14円。

ちなみに、日本語の商品名は、売り場のプライスシートに書かれているもの。英語の商品名「マルチサーフェスクリーニングワイプ」を訳すなら「多用途洗浄シート」みたいな感じですかね。また、コストコオンラインショップでは『オキシクリーン 車内用クリーナー』という商品名になっています(税込1,080円)。

Hopkins Manufacturing(ホプキンズ・マニュファクチャリング)が、Church&Dwight(チャーチ&ドワイト)からライセンスを取得して「OXICLEAN(オキシクリーン)」の名前を冠している商品(中国製)。パワフルな洗浄力を象徴するネーミングであって、酸素系漂白剤「オキシクリーン」と同じ成分(過炭酸ナトリウムなど)が入っているわけではないようなので、ご注意を。

ザラッとした表地となめらかな裏地の2ウェイ仕様

1枚あたりのサイズは24×30㎝。全体が洗浄液でしっとりと濡れており、アメリカンな洗剤臭がムワッと広がります。

表側は、白地の不織布の上に青い繊維をからめていて(オキシクリーンをリスペクトしている?)、ザラザラとした手触り。裏側は青い繊維がなくてサラサラ。使い方としては、表側で「SCRUB」(ゴシゴシとこそげ落とす)、裏側で「CLEAN」(きれいにする)という手順になります。

自動車用品ですが、家庭の掃除にも使えるということなので、壁の汚れを拭いてみました。

表側でゴシゴシすると、ちゃんと汚れが取れます! 仕上げにキメ細かい裏側を使ってみると、浮いた汚れをしっかり拭き取ってくれて、壁はスッキリときれいになりました。

車内のさまざまな材質に対応

本来の用途である、自動車のインテリアの清掃にも使ってみました。洗浄液が軽く泡立ちつつ対象に付着しているのが分かります。裏側を使ってさらに拭き、乾けば掃除完了。

乾いてしまえばサラッとして、特にベタつくこともありません。もし洗剤の付着が気になるようなら、仕上げに水拭きするとよいでしょう。また、掃除中は洗剤のにおいが充満していましたが、乾いたあとは、気にならない程度に消えるようです。

プラスチックのほか、ゴム、窓ガラス、塩化ビニル、革、繊維などに使えるとのこと。車内で汚れの気になるところがあれば、これでササッと拭いてしまえばよさそうですよ。

商品情報

■品番|1457129 ■内容量|(30枚/1個)×2個 ■サイズ|約300mm×240mm ■成分|水、溶剤、界面活性剤(0.9%、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル)、防腐剤、香料 ■製造者|Hopkins Manufacturing Corp. ■原産国|中国 ■輸入者|コストコホールセールジャパン