コストコにある「カリフラワーライス(ネーチャーズアースリーチョイス製)」はどうなの? 風味・使い勝手・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『ライスドカリフラワー(241g×6袋)』はご存知でしょうか。

お米のように細かく刻まれたカリフラワーライス。常温保管が可能なレトルトパウチ食品で、電子レンジで温めればすぐに食べられます。ただ、ちょっとクセが気になるかも。普段の食事の摂取カロリーや炭水化物を減らしたいなら、導入してみるとよいでしょう。

NATURE’S Earthly Choice|ライスドカリフラワー(241g×6袋)|1,528円

こちらがコストコで販売されている『ライスドカリフラワー (RICED CAULIFLOWER)』(品番:28216)。241g入りのレトルトパックが6袋セット、総計1,446gで、お値段は1,528円(税込)です。

コスパ(単価)は1袋あたり約255円、100gあたり約106円。カロリーは1食分(85g)あたり20kcal(脂質 0g、炭水化物 4g)なので、つまり1袋(241g)なら約57kcalですね。

お米のようなサイズに刻んだカリフラワーを、レトルトパウチにしたもの。アメリカの食品メーカー・NATURE’S Earthly Choice(ネイチャーズ アースリー チョイス、ネーチャーズアースリーチョイス)の商品です。メキシコ産で、コストコが輸入してます。

ちなみに、コストコでは冷凍ものの『オーガニックカリフラワーライス』を見かけることもあります。1.36kg入りで、2021年11月時点の価格は688円(税込)。つまり100gあたり約51円で、冷凍もののほうが圧倒的に割安です。

どんな味?

本品『ライスドカリフラワー』は、電子レンジで温めればすぐに食べられます。袋のフチを5cmほど開けて空気口を作り、600Wで2分30秒加熱するだけでOK。細かく刻まれたカリフラワーは、やや水っぽくしっとり。そして、青っぽい香りが立ちのぼってきます。

そのままパクっといってみますと、意外と酸っぱい!? そしてカリフラワー自体の風味がワイルドに広がってきます。原材料は「カリフラワー/pH調整剤」だけなので、まさにその2つのテイストがダイレクトに感じられるということでしょう。これを単体でいただくのは、ちょっとハードルが高いかも…。

というわけで、味の強いものとの組み合わせがオススメ。カレーと一緒に(よく混ぜて)いただけば、カリフラワーの青臭さをごまかせますし、酸味もほとんど気になりません。

こちらはチャーハン風にアレンジ。にんにく、しょうがを油で炒めてから、ねぎ、キムチ、ライスドカリフラワーを加えて炒め合わせ、さらに溶き卵を入れて仕上げます。このカリフラワーチャーハン、お米と比べて(でんぷんがないので)圧倒的にパラパラ! そして、青臭さも酸味も消えて、とても食べやすいですよ。ていうか、ほぼ温野菜サラダですよね。

*    *    *

本品『ライスドカリフラワー』は、常温保管が可能な点は便利。とはいえ、クセの強いテイストなので、その点はご注意を。冷凍庫に余裕があるなら、『オーガニックカリフラワーライス』のほうを選んだほうがよいかもしれませんね。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|28216 ■内容量|1,446g(241g×6袋) ■カロリー|1食分(85g)あたり20kcal(たんぱく質 2g、脂質 0g、炭水化物 4g、食塩相当量 0.1g) ■製造者|Nature's Earthly Choice ■原産国|メキシコ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存 ■原材料|カリフラワー/pH調整剤