コストコのアメリカ産『種なし蜂屋柿』はどうなの? 甘み・渋み・食べごろをチェックしてみた

コストコで販売されている『種なし蜂屋柿(1.36kg)』はご存知でしょうか。

釣り鐘のような形をした渋柿で、なんとアメリカからの輸入品。しっかり追熟させることで渋味・イガイガ感が抜けます。果肉がトロッとしたら食べごろですが、ちょっと好みが分かれますかね~。

Kingsburg Orchards|種なし蜂屋柿(1.36kg)|1,198円

こちらがコストコで販売されている『種なし蜂屋柿(PERSIMMONS -HACHIYA-)』(品番:39403)。1.36kg入って、お値段は1,198円(税込)です。

購入したものは、1パックに7個入っていました。つまり、1個あたり194gほどで、コスパ(単価)は約171円となります。

アメリカのカリフォルニアにあるKingsburg Orchards(キングスバーグ果樹園)で収穫され、コストコが輸入したもの(『カリフォルニアプラム』と同様)。

「蜂屋柿」は渋柿なんですよね(主に干し柿に使われるイメージ)。本品の場合は「熟させて食べる種なしの甘い渋柿」(売り場のPOPより)とのことで、干し柿用として販売されているわけではない模様。

熟す前は渋くてイガイガする

果皮は濃いオレンジ色になりつつも、手触りが固めのものを、ひとつ剥いてみました。おお、確かに種がない! お味の方ですが、そこそこ甘さがありますが、まだ渋味が抜けきっておらず、口の中が徐々にイガイガとしてきます。やはり、もっと追熟させる必要があります。

トロッとなったら食べごろ

数日後、追熟が進んで手触りが柔らかくなったものを剥いてみました。先端部分はトロッとして形が崩れていきます。ねっとりとしていて、ゼリーのようにとろける舌触り。甘さも強くなってきています。

が、ヘタ側にまだ若干渋味が残っていて、やはりイガイガします。完全に渋味を抜くには、さらに熟すのを待つ必要があるかも。

りんごやバナナと一緒に保管すると、追熟が促進されるので、早めに食べごろを迎えられますよ。

*    *    *

『種なし蜂屋柿』は渋柿なので、しっかり追熟させてからいただきましょう。ただ、果肉がかなりトロトロになるので、それが好きな人向けですかね~。シャキシャキとした歯ごたえの甘い柿を食べたいなら、近所のスーパーで富有柿などを買ったほうがいいかもしれません。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|39403 ■内容量|1.36kg ■製造者|Kingsburg Orchards Product ■原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|種なし蜂屋柿