コストコ『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

近ごろコストコの食材コーナーで見かけるラザニア……と思いきや、その名は『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』

4つのキャッチーなワードをそのまま並べたみたいなこの商品、オーブンで焼くタイプのボリューム食材です。やや調理が面倒そうではありますが(焼くだけでしょ!)、作ってみれば……これは当たり!

みんなが好きそうな味付けとボリューム感、おもてなし料理としてもおすすめですっ。

コストコPB『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』1,880円

おすすめ度 ★★★★★

こちらが惣菜コーナーで販売中のオリジナル食材『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』。……え? もう一回言ってくんない? と聞き直したくなる名称といいますか。ラビオリなのかラザニアなのか(過去に『ラビオリラザニア』という商品がありまして、その派生版ですね)。とにかくお値段1,880円(税込)です。

サイズは? ボリュームは?

まず外見上のサイズ感はこのような。重量は1,110gで余裕の1キロオーバー。

ぱっとみはでっかいラザニアのように見えますけど、八等分のでっかいラビオリが敷き詰められていたりします。

原材料は?

『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』で使われている原材料は以下のとおり。

ラビオリ(乳等を主要原料とする食品、乳製品、小麦粉、卵、パン粉、マッシュルーム、ポルチーニ、玉ねぎ、植物油、食塩、トリュフ、香辛料、乾燥ポルチーニ)、パスタソース、ナチュラルチーズ、蒸し鶏、マッシュルーム、塩漬けオリーブ、パセリ、糊料(加工デンプン、カラギナン)、セルロース、香料、グリシン酢酸Na、調味料(アミノ酸)、リン酸塩(Na)、グリセリンエステル、グルコン酸鉄、塩化Ca、原材料の一部に牛肉、大豆を含む

調理方法は?

調理にはオーブンを使います。フタを取り、180℃に予熱したオーブンで30分間加熱。待つしかない。オーブンに入らない場合は耐熱皿に取り分けて、少しずつ調理しましょう。

加熱中にチーズが溶けて膨らみ、食欲をそそるトマトソースの香りが食欲をガンガン刺激してきます!

愛される美味しさ! 味付け、ボリュームともに満足フード

焼きあがった『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』。溶けたチーズに香ばしそうな焼き色がついてますね〜。オリーブやポルチーニも散らされ、豪華感あり。どうやって食べるのかといいますと、

大きなラビオリが8個入っておりまして、これを取り分けて食べるわけですね。

ん? 一区画分のラビオリを取り上げたところ、二個のラビオリが。ラビオリをラザニア風に調理したものなのかな。味わいはトマトソースの酸味は抑え気味で、さまざまな具材の旨味が濃厚に滲み出したテイスト。濃厚とはいっても、この手の食材にしてはわりとヘルシーな方向でしょう。2個くらい余裕でいける味付けです!

フィリングはカッテージチーズや玉ねぎ、香辛料、(ちょっとの)トリュフなどの味わいが渾然一体となったもの。ラビオリとしてはわりと一般的なものですかね。チーズやトマトソースなどと一緒になって、満足感の高い濃厚な旨味に仕上がっているわけです。

このような大ぶりの蒸し鶏がしっかり入っている点もポイント! パサつきのない、厚手の鶏肉で食べ応えがけっこうあるんですよね。お腹いっぱになりますわ!

*    *    *

コストコPB『ラビオリラザニア ポルチーニ&トリュフ』はおそらくこの味が嫌いな人はいないと思われる食材です。トマトソースやチーズの濃厚な旨味とボリューム感、食卓に並べたときに得られる満足度はけっこうなものでしょう。分量的にはひとりで2区画分、4人で食べるとちょうどいいかと思います。