MENU

コストコの『セントローレンスブレッド』はどんなパンなの? 味わい・食感・食べ方をチェックしてみた

コストコで販売されている『セントローレンスブレッド』はご存じでしょうか。

小麦粉とライ麦を使ったミニパンが12個入り。とはいえ酸味はほとんどなくて食べやすい! トッピングされたシリアルもこうばしくていいですね。歯切れのよい生地で、サンドイッチなどにも使いやすいパンですよ。

目次

『セントローレンスブレッド』の価格・大きさは?

こちらがコストコのベーカリーコーナーで販売されている『セントローレンスブレッド(ST LAWRENCE BREAD)』(品番:93537)。ミニサイズのパンが12個入って、お値段は899円(税込)です。1個あたりのコスパ(単価)は75円。

「セントローレンス(St. Lawrence)」がどんなパンなのか、ちょっと分かりませんでしたが(キリスト教の聖人の逸話に由来する?)、本品はポルトガル製造の生地となっています。小麦粉のほかにライ麦粉も入っているようですね。編集部で独自に計量してみたところ、全体で1,197gありました。1個あたり100g弱という感じ。

『セントローレンスブレッド』はどんな味?

生地は灰色がかった色合いで、「シリアルミックス」(ライ麦フレーク、アマニ、ひまわりの種、むきごま)が混ぜ込まれています。パクついてみますと、粘りが少なく、歯切れのよい質感ですね。

素材自体の風味と、軽い塩気があるだけの素朴な味わい。ライ麦入りといっても酸味はほとんどないので、食べやすいですよ。砂糖は使われていないし、バターなどの油脂も入っていないので、とてもシンプルなお食事パンといった印象。

そのままでもイケますが、トーストすると風味がアップ! 特にシリアル類が焦げることで、こうばしさが出てきます。また、生地がふんわりとして食感もよくなります。

素朴だからアレンジしやすい

素朴なパンの味わいに、華やかないちごジャムが映える! 噛むごとに生地がホロッとほぐれていき、ジャムとよく混ざり合ってくれますよ。

サンドイッチにも使用。ツナサラダを挟んでみました。こちらもなかなかおいしいですね~。歯切れのよい生地のおかげで、パンと具材がよく混ざり合い、一体化した味わいになるのが楽しい!

『セントローレンスブレッド』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『セントローレンスブレッド』は100gあたり272kcal(たんぱく質 8.4g、脂質 4.9g、炭水化物 46.5g、食塩相当量 0.9g)となっています。つまり1個(100gと想定)で272kcal。1袋全体(1,197gと想定)の総計は3,256kcalという計算になります。お召し上がりの際の目安にしてください。

商品の評価と詳細情報

セントローレンスブレッド
総合評価
( 4.5 )
品番93537
内容量12個、1,197g(参考)
カロリー100gあたり272kcal(たんぱく質 8.4g、脂質 4.9g、炭水化物 46.5g、食塩相当量 0.9g)
製造者コストコホールセールジャパン
消費期限加工日の2日後
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存。
原材料パン(ポルトガル製造)(小麦粉、シリアルミックス(ライ麦フレーク、アマニ、ひまわりの種、むきごま)、ライ麦粉、食塩、イースト、小麦麦芽粉)/V.C、(一部に小麦・ごまを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次