MENU

コストコの『スイスデリス プレステージ』にはどんなチョコが入ってる? 12種類51個をチェックしてみた

コストコの『スイスデリス プレステージ』にはどんなチョコが入ってる? 12種類51個をチェックしてみた

コストコで販売されている『スイスデリス プレステージ』をご存じでしょうか。

12種類51個のひとくちチョコが入ったアソートパッケージです。見た目のバラエティ感はパーティーおやつって感じですかね〜。

目次

価格・内容量は?

チョコ菓子コーナーで見かける『スイスデリス プレステージ(*)』は1,798円(税込、品番 53914)。原産国はスイスのひとくちチョコアソートです。ちょいとリッチ感のあるパッケージですよね〜。

*英語表記:Swiss DELICE PRESTIGE 12 Varieties Assorted Swiss Chocolates

内容量は481g。12種類のチョコが計51個入っています。1個あたりの単価(コスパ)は約36円です。

コストコの定番チョコ「リンツ リンドール ゴールドアソート」もそのくらいのコスパなので、だいたい “コストコ相場のチョコ” と言えるかと思います。

スイスデリスとは?

「スイスデリス(Swiss Delice)」は130年以上の歴史を持つチョコブランド(現在は食品グループ・Migros社傘下のDelica社が展開)。コストコは同ブランドのチョコ商品はおなじみですね。

どんな味わいなの?

ここからは12種類のフレーバーチョコをご紹介していきましょう。

ヘーゼルナッツの甘やかさたっぷりのジャンドゥーヤ系「ALICANTE」(中央)、ビター感とホワイトチョコの対比が心地よい「POÉSIE」(左)、カフェオレっぽいフレーバーが印象的な「CAPRI」(右)。

ヘーゼルナッツのクラッシュをまとった「TRIANGOLO」(左)はジャンドゥーヤ系、「CRÉME BRÛLÉE」(右)はそのまんまクレームブリュレ的なコク甘くてカリカリ食感、「TRUFFES MILK」(中央)はまったりコク甘い、なめらかフィリングのトリュフチョコです。

マジパンフィリングのやんわり食感が印象的な「CIRCOLO」(左)、これまたジャンドゥーヤ系の「HAZEL DROP」(中央)、しっかりビターな「MONTNOIR」(右)です。

アーモンド系香ばしフレーバーの「MANDOLINA」(手前)、オランジェット系のほろにが柑橘酸味の「RÊVE ORANGÉ」(左)、コーヒーフレーバーの「ARABIA」です。

マンドリアはアーモンドミルク。オランジェはかすかにそのフレーバー。アラビアはコーヒー系

どんな人におすすめのチョコ?

『スイスデリス プレステージ』は全体的には “平均的なチョコの集まり” という印象ですね。ハイリッチ系というわけでもなく、可もなく不可もなくといった味わい。

種類豊富で見た目ににぎやかな商品なので、みんなでシェアする場にちょうどいいかもしれませんね〜。

カロリーは?

気にしてもしょうがないんですけど、いちおうカロリーもチェックしておきましょう。

オフィシャルの推奨量4個(38g)あたりでは220kcal(脂質 14g、炭水化物 21g)、1個なら約55kcalです。まぁ、いちどに食べる量は2個くらいにしておきたいですかねぇ(余計なお世話ですけど)。

商品の評価と詳細情報

スイスデリス プレステージ プラリネ チョコレートアソート
総合評価
( 3.5 )
スクロールできます
品番53914
内容量481g
カロリー4個(38g)あたり220kcal(たんぱく質 2g、脂質 14g、炭水化物 21g、食塩相当量 0.05g)
原産国スイス
輸入者コストコホールセールジャパン
保存方法10℃以下で冷蔵保存
原材料砂糖、ココアバター、カカオマス、植物油脂、全粉乳、アーモンド、ヘーゼルナッツ、脱脂粉乳、パターファット、低脂肪ココアパウダー、ぶどう糖シロップ、クリームパウダー、ココアパウダー、カカオニプ、ぷどう糖、粉末コーヒー、転化糖シロップ、食塩、とうもろこしセモリナ粉、米粉、バター、そば粉、玄米粉/乳化剤、ソルビトール、グリセリン、香料、酸味料
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次