MENU

業務スーパーにある『するめいか短冊』は炒め料理にほどよいやわらか食感

業務スーパーで販売されている『するめいか短冊』をご存じでしょうか。

中国原産のするめいかを短冊切りにした冷凍魚介です。小さめのカットながら、しっかりした弾力と柔らかな口当たりが両立した食感。炒め物やお好み焼きなど、様々なメニューに使いやすい一品ですよ。

目次

松岡|するめいか短冊|321円

業務スーパーにて321円(税込、税抜298円)で販売中です。内容量は300g、カロリーは100gあたり83kcal(炭水化物 0.1g、脂質 0.8g)。コスパ(単価)は100gあたり107円の計算ですね。いかの原料原産地は中国で、輸入・販売は水産加工会社の松岡。

解凍方法は冷蔵庫に数時間置いて自然解凍するだけ。生食用の製品ではないので、加熱調理して使いましょう。表面に軽く切り込みが入っており、加熱時に縮みにくくされています。それでも火を通しすぎるとかなり小さくなるので、サッと短時間で済ませる感じで。小さめのスライスなので、特に炒め物などに使いやすいですね。

しっかり旨味のあるするめいかで、クセのない風味が好印象。クニッとした弾力はあるものの、加熱しても硬さは感じず、わりと柔らかめの口当たりです。お好み焼きの具材にもぴったり。可もなく不可もないクオリティですけど、手頃かつ手軽に使える魚介食材で、チョイスしやすいポジションではありますね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国産のするめいかを一口サイズの短冊切りにした冷凍魚介食材
  • 最低限の弾力はありながらも、もっちりむっちりした柔らかめの食感
  • 解凍時のドリップは少なく、サイズ的にも様々なレシピに使いやすい
  • サイズを重視するなら『するめいか つぼ抜き』(650g・753円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

するめいか短冊
総合評価
( 4 )
内容量300g
カロリー100gあたり83kcal
輸入者松岡
原材料するめいか(中国産)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次