MENU

業務スーパーの『本日のスープ クラムチャウダー』はどう? 3食インスタントの風味・コスパを確認してみた

業務スーパーで販売されている『本日のスープ クラムチャウダー』をご存じでしょうか。

お湯を注ぐだけで作れる定番の洋風スープです。ほぼ具材が入っていないインスタント品ながら、野菜と魚介の優しい旨みがあって味付けは手堅い仕上がり。朝食スープや小腹用にストックしておくと地味に嬉しい一品ですよ。

目次

『本日のスープ クラムチャウダー』の価格は?

『クラムチャウダー』は159円(税込、税抜148円)で販売中。即席スープ粉末が3袋入って、内容量は48g(1食16g)。神戸物産がタイから輸入・販売するプライベートブランド品。

1食あたり53円。『本日のスープ ビスク』(48g・159円)の姉妹品で、『インスタントスープ ガパオ 3食入』(45g・127円)などがラインナップされている業スーの即席スープ類と比べると若干高めです。一般スーパーのインスタントスープ類も50円/1食程度の商品が多いので、コスパはいたって普通といったところ。

『クラムチャウダー』の作り方は?

個包装のスープ粉末を小さめの容器やマグカップなどに入れたら、熱湯150mlを注ぐだけ。ちょっと溶けづらいので、お湯を注いだら素早くかき混ぜましょう。

『クラムチャウダー』はどんな味?

とろみの少ないさらっとした口当たり。バターや生クリームは使われておらず、牛乳風のまろやかな風味をベースにした味付けです。缶詰タイプのトロッとしたクラムチャウダーに比べると、あくまでクラムチャウダー風の薄めなクリームスープといった趣ですね。

玉ねぎやチーズを使って優しい甘さとコクを足しており、本格感はないけど即席スープとしては十分な味。パセリとあさりエキスがほのかに香る、チープさは感じない仕上げ方です。とはいえ具材がないため、満足感は価格なり。朝食に一品添えるなど、脇役的な使い方に向いてます。

パンをスープにひたして?

ほっこり安心するタイプのまろやかテイストで、パンと一緒に食べるのにぴったり。またパッケージ裏によると、温めた牛乳を加えるとより旨みが増すとのこと。物足りなさを感じた場合はアレンジ可能で、チョイスしやすい選択肢かと思います。

『クラムチャウダー』のカロリーは?

カロリーも確認しておきましょう。

『クラムチャウダー』は1袋(16g)あたり65kcal(脂質 2.6g、炭水化物 9.7g)。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

本日のスープ クラムチャウダー
総合評価
( 3.5 )
内容量48g(16g×3袋)
カロリー1袋あたり65kcal(たんぱく質 0.6g、脂質 2.6g、炭水化物 9.7g、食塩相当量 1.4g)
原産国タイ
輸入者神戸物産
原材料植物性クリーミング食品(グルコースシロップ、植物油脂)、砂糖、食塩、チーズ粉末、たまねぎ粉末、マルトデキストリン、クラムパウダー(マルトデキストリン、あさりエキス)、乾燥にんじん、植物油脂、乾燥パセリ/調味料(アミノ酸等)、カゼインNa、乳化剤、増粘剤(キサンタン)、微粒二酸化ケイ素、pH調整剤、(一部に乳成分を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次