コストコの牛ホルモン『シマチョウカット』でおいしいモツ鍋を作る方法

コストコで販売されているアメリカ産牛ホルモン『冷凍シマチョウカット 1.5kg』はご存知でしょうか。

もつ鍋や焼肉にするとおいしいシマチョウ。脂のほのかな甘さとトロける食感がたまらないですよね。本品は、洗浄済み&カット済みなので非常に扱いやすく、ゆでこぼしも1回でOK。今回はシマチョウの下処理と調理方法を紹介します!

コストコ|USビーフ 冷凍シマチョウカット 1.5kg|1,878円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの冷凍肉コーナーで販売されている『USビーフ 冷凍シマチョウカット 1.5kg』。お値段は1,878円(税込)です。100gあたり125.2円ですね。

シマチョウとは大腸のこと。普通なら処理が大変な部位ですが、本品はきれいに洗浄されており、においもほとんどありません。おかげで、非常に使いやすいんです。

カット済み、バラ凍結されているので、使用するぶんだけ取り出して調理すればOKです。

下準備として、1回以上「にこぼし」を行う

シマチョウには脂がたっぷりついており、そのままだとギトギトしすぎて、とても食べられません。ゆえに、ゆでこぼし(茹でて、茹で汁を捨てる)を行いましょう。ありがたいことに、コストコのものは1回ゆでこぼせば食べられます(以前、別のスーパーで買ったものは、3~4回ゆでこぼす必要がありました…)。

お湯を沸かして、シマチョウを投入。さらにネギの青いところとチューブ生姜を加えて茹でていきます。

ものすごい量のアクが出るので、しっかり取っていきましょう。10~15分ほど茹でて、アクが一段落したら、ゆでこぼし完了です。シマチョウを取り出して、水でもみ洗いを行い、表面についたぬめり(脂)を取ります。

ちなみに、茹で汁には大量の脂が溶け込んでいるので、そのままシンクに流すと、あとで詰まって大変なことになってしまいます。冷まして脂が固まってからのほうが、処理はしやすいですよ。

こちらが、ゆでこぼしたのち軽く洗ったシマチョウです。においはほぼありません。たった1回のゆでこぼしでこの状態に持っていけるのは、かなり優秀ですね。

加熱したシマチョウの大きさを確認しておきましょう。左が袋から出した冷凍状態のもの。右がゆでこぼしたあとのシマチョウ。だいぶ縮むので、ここからからさらに小さくカットする必要はないでしょう。

もつ鍋でシマチョウのトロリとした食感と甘みを堪能

下処理の終わったシマチョウ。あとはおいしくいただくだけ! まずは博多風もつ鍋です。具材は、シマチョウ、キャベツ、ニラ、唐辛子の輪切り、にんにくのスライス。もつ鍋スープは市販のものを使うと楽ちんです。

グツグツ煮立ってくれば、もう食べごろ! 下処理は大変でしたが、料理自体は超簡単です。

シンプルな具材は、洗練された組み合わせなんですね。唐辛子の辛み、にんにくのうまみ、ニラの風味がお互いを引き立てあっています! クタッと煮込まれたキャベツにはダシが染みて、もりもり食べられるおいしさ。

そしてシマチョウ! 脂がトロリとなめらかな舌ざわりで、ほのかな甘みがたまりません。皮(腸壁ですね)も柔らかめで、食べやすいですよ!(さすがに、お子様が噛み切るのは難しいかも…)

非常においしいもつ鍋に仕上がりました。これからの季節、こたつに入ってみんなでつつきたい一品です。

もつの野菜炒めもご飯が進むおいしさ!

ゆでこぼしたシマチョウを、今度は炒めものに使ってみましょう。まずは、フライパンに入れてしっかりと炒めていきます。

そのうちに油が一気に出てきて、揚げ焼きのような状態に。野菜を投入する前に、キッチンペーパーで油を吸い取っておきます。

野菜を投入し、お好みの味付けをして仕上げます。コチュジャンなど、辛みのある調味料がよく合いますよ!

揚げ焼き状態になったシマチョウは、脂の部分は甘くトロっとしつつも、皮の部分はカリッとした歯ごたえがあります。焼鳥の鶏皮みたいな感じですね。ピリ辛の味付けが脂の甘みを引き立てておいしい! これはご飯が進みますね~。

コストコの『USビーフ 冷凍シマチョウカット 1.5kg』は、なんと言っても処理がかなりラクです! どうしてもひと手間は必要となるんですが、下準備を乗り越えた先には、おいしいごちそうが待っています。みんなで集まってもつ鍋パーティをやりたいときには、有力な選択肢となりますよ!

商品情報

  • 品番|0098138
  • 内容量|1.5kg
  • 保存方法|要冷凍(-18℃以下)
  • 加工者|味兆
  • 原材料|牛大腸(アメリカ産)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。