コストコの冷凍フルーツ『トロピカルマリア マンゴーチャンク』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコ(Costco)で販売されている冷凍フルーツ『トロピカルマリア マンゴーチャンク』をご存じでしょうか。

カット済みマンゴーの徳用冷凍パックです。ペルー産マンゴーが大入り1.5kg分。熟成感はあるけど濃厚すぎない甘みなので、かなり食べやすい。軽く解凍してシャクシャク食べるのもいいし、よ〜く解凍して芯までねっとりとした食感を楽しむのもよし。スムージー好きなご家庭なんかだったら、わりと常備おすすめです!

トロピカルマリア マンゴーチャンク|998円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコの冷凍食品コーナーで見かける『トロピカルマリア マンゴーチャンク』は998円(税込)。ペルー産のカット済み冷凍マンゴーが1.5kg分も詰め込まれた大入りパッケージです。100gあたり約67円は業務スーパー的なコスパ感でお得なんじゃないかと思います。輸入者はアスク(「トロピカルマリア」は同社が展開する輸入フルーツ商品)。

コストコの冷凍フルーツってチャック付きパッケージが多いんですが、とくにKIRKLAND Signature商品はほとんど壊れかけで使い物にならないこともしばしば。でも本品はけっこう頑丈なんですよね。パッケージ素材も厚めだし、安心感あり。

食べる際は冷蔵庫で半解凍状態にして食べるのがおすすめ(1〜1.5時間ほど)。もちろん、もっと時間をかけて、芯までトロトロ状態にして食べるのもまた幸福です。

そのままでもスムージーでも

とろりとした舌触りとやわらかな果肉感、そして熱帯フルーツらしいというか、マンゴー特有の熟成感のある甘み。濃厚!というほどの糖度は感じないものの(冷凍処理のせいか品種によるものか)、十分な甘さとカジュアルな酸味ですっきりとした食べ心地なんですよね(リッチ感のない薄味、と言えなくもないですが)。こういうマンゴーのクセが弱いテイストのほうが好きって人もいるのでは?

ヨーグルトと合わせるのは定番ですね。無糖系あたりと朝食にどうぞ。

そのまま食べてもOKですが、スムージーもおすすめ。たとえば、バナナと牛乳を加えてブレンドするなど。マンゴーのとろみが強いので、牛乳はやや多めにすると飲みやすく仕上がりますよ。

マンゴーソースにするのもおすすめ

1.5kg分ものマンゴーですし、一部はフルーツソースなんかに仕立ててもよいかと思います。シンプルにマンゴーだけをブレンダーでブレンドするくらいでも十分。レアチーズケーキやヨーグルトなどに添えると、手軽に甘酸っぱいアクセントを加えることができますね〜。

パンケーキと果実の組み合わせは定番ですけど、ソース状にしたマンゴーをかけるのもアリ。『トロピカルマリア マンゴーチャンク』はわりと落ち着いた甘酸っぱさなので、パンケーキの味わいから浮き過ぎず、けっこう馴染んでくれますよ。

*    *    *

コストコではさまざまな冷凍フルーツが販売されています。おかげでチョイスに迷うのですが、スムージー用という視点で見ると、mitok編集部的にはミックスタイプの「Sunrise Growers フルーツミックス」を軸に、1品種タイプを追加するのがおすすめ。そういう点で『トロピカルマリア マンゴーチャンク』は甘味追加要員としてかなり重宝するんじゃないかと思います!

商品情報

■品番| ■内容量|1.5kg ■カロリー|100gあたり72kcal(糖質 15.4g、食物繊維 1.7g、V.A 60.0μg、V.C 16.0mg) ■原産国|ペルー ■輸入者|アスク ■原材料|マンゴー ■保存方法|−18℃以下で保存

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。