コストコの18本『チョコバナナアーモンドドリンク』のおすすめ度は? 気になる味や甘さをチェック

コストコで販売されている『チョコバナナアーモンドドリンク』をご存じでしょうか。

チョコバナナの飲み物……きっと激甘のお菓子的な味……と思いきや、意外とおとなしいテイストにまとまった栄養ドリンクだったりします。初見では買いにくい商品ですが、新たな栄養補給用ドリンクをお探しの方であれば試す価値はあるかと。乳製品は使わず、有機栽培食材をメインとしたドリンクです。

コストコ|チョコバナナアーモンドドリンク 18本|2,498円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコのPB、KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)のドリンクセット『チョコバナナアーモンドドリンク(Organic Chocolate Banana Almond Non-Dairy Beverage)』は2,498円(税込)。飲み口がキャップ式のブリックパックが18本。内容量は1本あたり244ml、カロリーは120kcal、単価は約139円。原産国はアメリカです。

どんな味?

チョコバナナの飲み物、アメリカ。このキーワードだけで、とんでもなく甘い、お祭りで飲むようなお子さま的ドリンクをイメージする人はいるかと思います(mitok編集スタッフがそう)。でも、意外と飲めるテイストなんです。バナナの風味を付けた、薄めのココアドリンクという印象。朝食に添える1杯として悪くない感じです。乳製品は使われていません。

飲み口は、ややとろみを持ったサラサラ寄り。バナナの香りはしっかり強いものの、味は豆乳とココアとアーモンド(ミルク?)によって薄められたようなテイストです。ただし、バナナ特有の酸味なのかえぐみなのか、ちょっとクセのある後味も。これは好みを分けるポイントかも。それでも、それも含めて “飲みやすくまとまって” います。ケミカルっぽい香りはないし、濃すぎるわけではなく、甘すぎない程度には甘い。濃厚なチョコバナナ味を期待すると肩透かしだけど、そのくらいのほうが親しみやすい。朝の常飲ドリンクにしても悪くないですね。まぁ、お子さまにはちょっと味がアダルトかな。

わりとおすすめの飲み方はスムージー。牛乳や豆乳などの代わりに本品を使うスタイルですね。バナナはもちろん、チョコテイストと果物の相性は良いですし。写真はコストコの冷凍「Sunrise Growers フルーツミックス」とあわせたものです(おいしくいただけます)。

栄養は?

1本(244ml)あたりに含まれる栄養成分は以下のとおりです。ラベルの説明によると、1日あたりの摂取目安量(18歳以上、基準熱量2200kcal)に含まれる栄養素等の割合は、ビタミンB12が50%(赤血球の形成を助ける)、ビタミンDが91%(腸管でのカルシウム吸収を促進)、ビタミンEが119%とのことです。

  • エネルギー|120kcal
  • たんぱく質|10g
  • 脂質|3.5g
  • 炭水化物|12g(食物繊維 4g)
  • 食塩相当量|0.25g
  • ビタミンB12|1.2μg
  • ビタミンD|5μg
  • ビタミンE|7.5mg

新たな栄養補給ドリンクをお探しであれば、『チョコバナナアーモンドドリンク』を試してみるのはアリだと思いますよ。

商品情報

■品番|1242373 ■内容量|4.39L(244ml × 18本) ■カロリー|1本あたり120kcal ■原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|有機バナナピューレ、有機豆たん白、有機砂糖、アーモンド、有機イヌリン、有機ココアパウダー、食塩/炭酸Ca、香料、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、V.A、V.D、酢酸V.E、V.B2、グルコン酸亜鉛、V.B12

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。