コストコの『銀鮭西京漬け切身』があれば自宅でまろ旨な焼き魚定食が作れる

コストコで販売されている『銀鮭西京漬け切身(3切×3パック)』はご存知でしょうか。

まろやかでほんのり甘い味噌ダレが、銀鮭の中までしっかり染み込み、うまみが深い。ご飯の進む味で、これがあれば自宅で旨みたっぷりの焼き魚定食が作れますよ~。お弁当の具材にも便利です!

コストコ|銀鮭西京漬け切身(3切×3パック)|1,980円

こちらがコストコの魚介コーナーで販売されている『銀鮭西京漬け切身(COHO SALMON MISO MARINAD)』(品番:94275)。3切入りのパックが3つで、お値段は1,980円(税込)です。編集部で独自に重量を計測してみたところ、全体で1,120gでした。つまり1切あたり約124gといったところ。コスパ(単価)は、1切あたり220円、100gあたり約177円ですね。

チリ産の銀鮭を、白味噌のタレで漬け込んだもの。加工者はコストコです。消費期限が短め(加工日の2日後)なので、食べきれない場合は冷凍しておくとよいでしょう。ちなみに、カロリーは100gあたり208kcal(脂質 11.4g、炭水化物 6.5g)。1切あたりは約258kcalという計算になります。

調理方法は?

パックを開封したら、調理する前に切身の表面についた味噌ダレを軽く拭き取っておきましょう。味噌ダレがついたままだと、あっという間に焦げてしまいますよ。

アルミホイルを軽くもんでシワをつけ、魚焼きグリルの網の上に敷いて、切身を並べます。弱火で6~8分ほど焼いたら、ひっくり返してさらに5分ほど加熱して出来上がり。味噌が残っていた部分が焦げつき、食欲をそそるビジュアルに仕上がりました。

どんな味?

この切身、骨が残っているので、取り除きながらいただきましょう。

身は軽く引き締まっている印象。適度な歯ごたえがあり、パサつかない程度のしっとり感。パクついてみますと味噌の風味が広がり、タレの甘みと銀鮭のうまみが広がってきます。西京漬けなので、コクはありつつもしょっぱさはあまりなく、まろやかな味付け。それが切身の中までしっかりと染み込んでいます。これはご飯がすすむ味ですよ~!

*    *    *

『銀鮭西京漬け切身』は、普段の食事のおかずにはもちろん、お弁当の具材としても使えて便利。消費期限が短めなので、食べきれない場合は冷凍保存しましょう。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94275 ■内容量|1,120g(参考) ■カロリー|100gあたり208kcal(たんぱく質 18.2g、脂質 11.4g、炭水化物 6.5g、食塩相当量 0.6g) ■加工者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|加工日の2日後 ■原材料|ギンザケ(チリ産)、漬けだれ[味噌、砂糖、みりんタイプ調味料(水あめ混合異性化液糖、米発酵調味料、食塩)、醤油、昆布だし]/酸味料、(一部にサケ・大豆・小麦を含む)