コストコにある『いちごミルクの素』はアイスキューブで食べるのもおすすめしたい(簡単に作れるし)

コストコで販売されている『牛乳と混ぜる いちごミルクの素』をご存じでしょうか。

その名のとおり苺ミルクの原液でして、意外とすっきりしたフルーティ感でのどの渇きも癒やされるのがいいんです。アレンジ用メニューとしてもおすすめです。

KUZE FUKU & SONS|牛乳と混ぜる いちごミルクの素|748円

『KUZE FUKU & SONS 牛乳と混ぜる いちごミルクの素』は748円(税込、品番 30998)。商品名のとおり、苺ミルクの希釈用原液ですね。内容量は470ml、カロリーは100gあたり95kcal(炭水化物 23.1g)。原産国はアメリカ、輸入者はサンクゼールです。

なお、本品はサンクゼールが展開する「久世福商店」ブランドの商品でして、同社通販サイトでも販売されています。直販価格は970円(税込)なので、コストコ価格のほうが2割強ほどお得ですね。

使い方は? どんな味?

本品は牛乳で割ればOK。牛乳2に対し本品1。たとえば、コップ1杯180mlなら牛乳120ml・本品60ml、その場合は約8杯分、1杯あたりのコスパ(単価)は約94円です。ちなみにパッケージ記載の分量(1杯150ml)なら約9杯分・1杯あたり約83円となります。

さて、そのお味はというと…… “のどが渇いているときでもイケる” やつですね。

よくある苺ミルクって練乳的なミルキィな甘さが強いため、甘〜いものが欲しいときのおやつ的チョイスになりがちだと思いますが、本品はそうじゃないんです。

ほどよいフルーティ感というか、苺の酸っぱさも感じられて、ベトつくような甘さが残らない。果肉の食感も楽しめるし、自分でつぶした苺に牛乳を混ぜているような感覚がいいですね〜。

これはゴクゴクいける。みんなが好きな甘さバランスでしょう。夏のドリンクとして常備もおすすめです。

アレンジもおすすめ

苺ミルクを作るだけでなく、トッピング用途としてもどうぞ。定番のところでは無糖ヨーグルトと混ぜるのがおすすめ。甘さ控えめのパンケーキなどのフルーツソースにもどうぞ。

オフィシャルで推奨されていたのはソーダ割り。ほんのり苺フレーバーが香るくらいのバランスで割るとよいかと。

オフィシャル推奨のアレンジでmitok編集部的にもハマッたのが、苺ヨーグルトアイスですね。

無糖ヨーグルトと本品を混ぜてアイストレーに入れ、冷凍庫で凍らせれば、シャクシャク食感のひんやりアイスキューブが完成! 夏はこれをたくさん作っておくのもアリなのでは?

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|30998 ■名称|いちご果粒入り果実ジュース(加糖) ■内容量|470ml ■カロリー|100gあたり95kcal(たんぱく質 0.5g、脂質 0.1g、炭水化物 23.1g、食塩相当量 0.0g) ■原産国|アメリカ ■輸入者|サンクゼール ■保存方法|開封後要冷蔵 ■原材料|いちご、砂糖、バニラビーンズペースト