コストコ『バラエティサンドウィッチ』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの食材コーナーには、さばサンドやクロワッサンサンド、さらにはラップサンドなど、さまざまな調理パンが売られています。ですが、王道の商品にこそ、その店の真価は宿るもの!

というわけで今回ご紹介するのは『バラエティサンドウィッチ』。食パンを使った、いわゆる「三角サンド」です。「パストラミサンド」「チキンサンド」「卵サンド」「ポテトサンド」という4種類の三角サンドが各4切れずつ入っています。どれも食べごたえがあっておいしいので、おすすめですよ!

コストコ|バラエティサンドウィッチ|1,180円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのPB商品『バラエティサンドウィッチ』。白パンとブラウンパンというツートンカラーで、三角サンドが4種類×4切れずつ。種類は「パストラミサンド」「チキンサンド」「卵サンド」「ポテトサンド」。お値段は1,180円(税込)。両手でしっかり持たないといけないサイズ感。内容量は945gとなります。

4種類どれもハズレなし! 満足度の高いサンドイッチ!

ミックスサンドというと、肉系がメインでサラダ系は添え物的な位置づけだったりしますが、この『バラエティサンドウィッチ』はすべてが全力! という印象。どれもハズレがありません。

パストラミサンド。パストラミポークハムがあふれんばかりに詰め込まれたサンドイッチ。レタスのシャキシャキ感と、マスタードによる軽いピリ辛感がいいアクセントになっています。

ブラウンパンは、しっとりとやわらかく、やや香りの強い食パンと言ったところ。ハムにはよく合っていました。

チキンサンド。パッと見ではツナサンドに見えますが、メインの具は蒸し鶏なんですね。たっぷりのチキンを、細かく刻まれたセロリやたまねぎと一緒に、マヨネーズであえたもの。緑色はパセリです。こちらも惜しげもなくパンに挟み込まれているので、食べごたえは十分です。

卵サンド。こぼれ落ちそうなほど詰め込まれた卵サラダ。定番だけに、安心感のある味わい。ブラウンパンとの相性もバッチリで、その香りがおいしさを引き立ててくれます。

ポテトサンド。原材料には「ポテトサラダ」としか書いてありませんが、ベーコンが入っており、どっしりとした食べごたえ。こしょうもきいていてうまみが強く、お代わりしたくなる味! ポテトサンドというと箸休めとかオマケみたいな扱いも多いですが、これは主役を張れる存在感がありました。

商品情報

■品番|96365 ■内容量|945g ■カロリー|不明 ■製造者|コストコホールセールジャパン ■原材料|パストラミサンド(パストラミポークハム、パン、レタス、マヨネーズ、マスタード)、チキンサンド(蒸し鶏、パン、マヨネーズ、セロリ、玉ねぎ、乾燥パセリ、こしょう)、卵サンド(卵サラダ、パン、マヨネーズ、マスタード)、ポテトサンド(ポテトサラダ、パン)着色料(カラメル、カロチノイド)、グリシン、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、香料、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、V.C)、くん液、発色剤(亜硝酸Na)、V.C、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、乳、大豆を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。