MENU

業務スーパーにある『シーフードミックス』はちょい足しに具材に役立つ無難クオリティ

業務スーパーで販売されている『シーフードミックス』をご存じでしょうか。

いか、えび、あさりを詰め合わせた冷凍魚介です。そこそこ手頃ですけど、サイズとクオリティも価格相応。これといった個性はないものの、ピラフやカレーのちょい足し具材などに無難に使いやすい一品ですよ。

目次

北島水産|シーフードミックス|356円

業務スーパーでは356円(税込、税抜330円)で販売中。2022年4月現在のセールでは321円(税込)に割引中です。内容量は300g、カロリーは100gあたり42kcal(炭水化物 0.4g、食塩相当量 0.4g)。製造・販売は北島水産。

コスパ(単価)は100gあたり約119円。似たような商品に『徳用シーフードミックス』(550g・429円・78円/100g)などがあります。本品も手頃な部類には入りますけど、『徳用』のほうがコスパは上ですね。

調理方法は?

自然解凍したあとレシピに応じた方法で加熱すればOK。使う分だけ冷蔵庫に移し、2時間ほど置きましょう。すぐ使いたい場合、ビニール袋などに移し替えて水に浸けると早めに解凍できます。

魚介の種類は? どんな味?

いかとあさりは中国産、えびはインド又はパキスタン産のものを使用した魚介ミックスです。加熱時に縮むので、ボリュームと食べごたえは価格相応といったところ。滲み出る水分も多いため、用途次第では水気を切る必要があります。

いかは柔らかな弾力があり、えびはプリッとした歯触り。あさりは若干クセを感じるものの、しっかり濃いめの旨み。味と食感は全体的に無難です。特に臭みは感じないので、レシピを選ばず活用できます。

単品または野菜と一緒に炒め物にすると、サイズ的に満足度はもうひとつ。メイン食材にするよりは具材用途に向いてます。焼きそば、パスタ、ピラフはもちろん、カレーに入れてシーフードカレーにアレンジしてもおいしいですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • いか、えび、あさりの3種を揃えた冷凍シーフードミックス
  • サイズは小ぶりながら、風味と食感はいずれも及第点の仕上がり
  • 単品での満足度は低いので、各種料理のボリュームアップ具材におすすめ
  • よりコスパを重視するなら『徳用シーフードミックス』(550g・429円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

シーフードミックス
総合評価
( 3.5 )
内容量300g
カロリー100gあたり42kcal(たんぱく質 9.3g、脂質 0.4g、炭水化物 0.4g、食塩相当量 0.4g)
製造者北島水産
原材料いか(中国)、えび(インド又はパキスタン)、あさり(中国)、食塩/調味料(無機塩等)、酸化防止剤(亜硫酸塩)、pH調整剤
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次