コストコの「グアテマラ産バナナ」を主婦がチェックしてみた結果

野菜や果物のラインナップも充実しているコストコ。今回は、定番商品の『バナナ 1.3kg』を主婦目線でチェックしました。

購入した『バナナ』はデルモンテの商品で、グアテマラ産でした。果たして、スーパーのものと比べて鮮度や味、コスパ的な面ではどうなのでしょうか?

mitokではコストコ食材のアレンジレシピでお馴染みの塩野めいこさんに、2歳・4歳の男児を育てる主婦の目線から、ガチンコでレビューしていただきました!

※本検証は、2018年3月23日に購入した1房についてのものです。個体差、保存状態、購入店、入荷時期などによって、品質は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。あくまでも判断材料のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

『バナナ 1.3kg』の商品情報

  • 価格|248円(税込)
  • |9本、1,410g(実測値)
  • 単価|1本あたり27.56円、100gあたり17.59円
  • 産地|グアテマラ
  • メーカー|デルモンテ
  • 購入日|2018年3月23日
  • 消費期限|記載なし

鮮度は?

購入したものは、房の付け根はまだ青いですが、皮はきれいな黄色。茶色の斑点(シュガースポット)はまだ出ていません。見た目では「食べごろ直前」という印象です。ただ、実際に食べてみるとすでに十分濃厚な味わいを楽しめました。つまり、もともと地力の高いバナナと言えそうです。

ただ、今回は持ち帰る際に一部をぶつけてしまい、その部分があっというまに茶色く傷んでしまいました…。けっこう繊細なので、取り扱いには注意が必要ですね。

味は?

右がコストコのバナナです。購入直後に食べてみたところ、身はしっかりとした硬さもあり、ピンと張っていました。でありながら歯ざわりはネットリとしており、濃厚な甘みもすでにあります。これは純粋においしくてクオリティの高いバナナですね!

比較のために用意したのが、左のやや小ぶりのバナナ(肉のハナマサで購入)。こちらは水っぽくて酸味があるアッサリした味で、歯ざわりも軽く、バナナ特有のネットリした食感はあまり感じられませんでした。まあフレッシュ感はあるので、追熟させればもう少し味はよくなりそうです。というわけで、見た目はあまり変わらなくても、味はけっこう違っているんですね~。

コスパは?

コストコのバナナは長さ15〜17cm(直置きで計測)程度。同サイズのバナナを近所のスーパーで探してみると、5本で1房のものが429円(税込)でした。このサイズ感で比較した場合、コストコのバナナはお買い得と言えます。

ただ、小さめのものであれば、一般のスーパーでもけっこう安く買えます。前述のハナマサで購入したバナナは、長さ15cm未満(直置きで計測)ながら1房に13本もついて313円(税込)でした。味は前述のとおりですが、「とにかくコスパ最優先」というなら、コストコ以外の選択肢もありえるでしょう。

『バナナ 1.3kg』のおすすめ度は?

おすすめ度 ★★★★☆

  • 濃厚な味とねっとりした食感を楽しめる上質のバナナ

「日常的に食べるバナナは、なるべくおいしいほうがいい」という人には、コストコのものはおすすめできます! 普通に食べていても消費し切れる量ですが、もし食べきれない場合は、皮をむいて中身のみを食品保存ラップに包み、冷凍庫へ。冷凍バナナはスムージーやシェイクの具材に最適です。

また、万が一、うっかり放置して皮が真っ黒になってしまってもご安心を。傷がなければ大丈夫! 甘さがさらに濃厚に、香りも強くなり、まだまだおいしく食べられます。そのまま食べるのに抵抗があるなら、身をフォークで崩し、ホットケーキに混ぜ込んで焼きましょう。ホットケーキがコク深い甘さになりますよ!