コストコ『カオマンガイ』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコで販売されている『カオマンガイ』はご存知でしょうか。

チキンスープで炊いたタイ米に、ジューシーな蒸し鶏をのせた東南アジア料理。お手軽ながら本格的な味わいで、スパイスやハーブの効いた2種類のソースが食欲をそそります。1kgと量はたっぷりありますが、少人数でもぺろりと平らげられるおいしさ。暑い季節でもさっぱりと食べられるので、いまこそおすすめですよ!

コストコ|カオマンガイ|1,280円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『カオマンガイ』。1kgちょっと入って、お値段は1,280円(税込)です。

チキンスープで炊いたタイ米と蒸し鶏がメインで、ミニトマトとパクチーが彩りを添えています。また、ソースが2種類ついておりまして、丸いプラケースに入っているのがカオマンガイソース。ビニールのパウチがアジアンハーブソースです。

調理済みの惣菜ですので、食べる分だけ取り分け、ラップをかけて電子レンジで温めればOK。1人前の場合は、500Wで3~4分といったところ。レンチンすることで、パラパラしていたタイ米がしっとりとしますよ。

ただし、鶏肉に関しては、電子レンジで加熱した場合は、肉質が硬くなってしまうことがあります。食感を楽しみたいなら、鶏肉はレンチンしないほうがいいかも。

最後に具材をのせ(今回はパクチーを追加投入しました)、お好みでソースをかければ完成です。

タイ米にはしっかりとチキンスープの味が染み込んでいて、非常によいお味ですね~。なんならソースをかけなくても全然OKなおいしさです。

蒸し鶏は、皮が取ってあって、ツルッとした舌触り。こちらもスープがよく染み込んでいて、鶏のうまみがマシマシ。クセや臭みなどはなく、上品な味わいです。

ライスとチキンだけで十分においしいのですが、ソースを使えば味に変化をつけられます。白いカオマンガイソースは、にんにくのうまみが強く、かなり濃いめの味付けでして、ライスとよく混ぜていただくといい感じ。しょうがもしっかり効いていて、口の中にじんわりとピリピリが残ります。

緑色のアジアンハーブソースは、ナンプラーのうまみとライムの酸味がアクセントになっていて、サラダにも合いそうな味。パクチー好きなら、このソースは気に入るかも! さらには、カオマンガイソースと混ぜ合わせて、より複雑な味を楽しむこともできます。

『カオマンガイ』は蒸し暑い時期でもパクパクと食べられるおいしさ。1kgという量は3~4人分を想定しているとは思いますが、なんと2人で平らげてしまいました。家族が多い場合は2セット買ってもいいかもしれませんね。

商品情報

  • 正味量|1,010g
  • 消費期限|加工日の2日後
  • 製造者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|蒸し鶏、米(タイ国産)、チキンライス調味液(チキンスープ、チキンエキス、その他)、カオマンガイソース(おろししょうが、水あめ、ねぎ、にんにく、その他)、ミニトマト、アジアンハーブソース、パクチー、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸味料、香料、着色料(紅花黄、クチナシ)、酸化防止剤(緑茶抽出物)、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、卵、乳、ごま、大豆、魚醤(魚介類)を含む)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。