コストコの家族サイズ『サーモン蒲焼丼』は脂のりハラスと甘辛たれのご飯がすすむ味

コストコで販売されている『サーモン蒲焼丼』はご存知でしょうか。

アトランティックサーモンのハラスを、甘辛なたれで蒲焼きにしたもの。ご飯にのせた丼スタイルで、取り分ければすぐに食べられます。脂がたっぷりのっており、味わい濃厚で食べごたえも十分。さすがにうなぎの蒲焼きの代わりにはなりませんが、満足感・満腹感を得られる一品ではありますよ。

コストコ|サーモン蒲焼丼|168円/100g

こちらがコストコのホットデリコーナーで販売されている『サーモン蒲焼丼(SALMON KABAYAKI RICE)』(品番:96432)。お値段は100gあたり168円(税込)です。購入したものは1,281g入って、2,152円(税込)でした。アトランティックサーモンのハラス部分を使った蒲焼きが3本、白飯にどーんとのっています。青ねぎと白ごまを散らしてあり、たれと山椒の小袋が4つ付属しています。

土用丑の日(2020年は7月21日と8月2日)のタイミングで登場した本品。「うなぎの蒲焼のかわりに、サスティナブル(持続可能)なものを食べよう」という、コストコからの提案ですかね~。魚介コーナーでは『アトランティックサーモン蒲焼』(298円/100g)も販売されていました。

どんな味?

店舗でカートインした時点では熱々の本品ですが、持ち帰るとすっかり冷めてしまいます(しかも保存方法は冷蔵庫)。そんな冷え切った『サーモン蒲焼丼』をできるだけおいしくいただくためには、蒲焼きをアルミホイルで包んで、オーブンやオーブントースターを使って10分ほど加熱することをおすすめします(ご飯部分はレンチンでOK)。わざわざ蒲焼き部分を取り分けるのはちょっと面倒ですが、こうしたほうが身がふっくらと仕上がりますよ~。

というわけで、オーブンにて温め直した蒲焼きは、ふんわりとした食感。脂がたっぷりのっており、とろっとした舌触りを楽しめます。味付けは濃すぎず、サーモンの風味を引き立ててくれる、軽めの甘辛感。別袋のたれをかければ、味の濃さを調整できますよ。山椒を振りかけると、さわやかな風味がこってり感を中和してくれます。白飯はハラミの脂と甘辛いたれが染み込んで、うまみが深く、止まらなくなる味! とはいえ、脂がけっこう重いので、食後のもたれにご注意ください。

『サーモン蒲焼丼』は、うなぎの蒲焼とは全然違うので、代替感はありませんが、これはこれで満足感を得られる一品と言えそうです。

カロリーは?

『サーモン蒲焼丼』のカロリーは、100gあたり195kcal(脂質 10g、炭水化物 18g)。1パック全体では(1,281gの場合)、2,498kcal(脂質 128g、炭水化物 231g)という計算になります。また、1家族(4人を想定)で消費する場合、1人あたりの分量は320g、カロリーは624kcal(脂質 32g、炭水化物 58g)となります。参考にしてみてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|96432 ■内容量|1,281g(参考) ■カロリー|100gあたり195kcal(脂質 10g、炭水化物 18g) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|持ち帰り後は4℃以下の冷蔵庫で保存 ■消費期限|加工日の翌日 ■原材料|ごはん(国産米)、蒲焼(サーモン、たれ)、たれ(醤油、砂糖、みりん、発酵調味料、でん粉)、青ねぎ、ごま、山椒/着色料(カラメル、アナトー)、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、(一部に小麦・ごま・さけ・大豆を含む)