コストコ製『3枚刃カミソリ』ってどうなの? 性能や替刃コストをチェックしてみた

コストコで販売されている『3枚刃カミソリ(本体+替刃14枚)』をご存じでしょうか。

PB「カークランドシグネチャー」製の男性向けヒゲ剃りですね。カミソリというとシックやジレットの製品が定番ですが、コストコ製品はどうなんですかねぇ?

コストコ|3枚刃カミソリ(本体+替刃14枚)|2,398円

コストコでは、PB「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」製『3枚刃カミソリ(KS RAZOR H+CART 14P)』なんてものが販売されています。男性向けのヒゲ剃りですね。価格は2,398円(税込、品番 1305413)。気になる中身をチェックしてみましょう。

商品構成は?

パッケージの構成は、ホルダー(中国製)が1本、3枚刃の替刃(ドイツ製)が14枚となっています。

使い勝手は?

ヘッドは前後に可動するタイプで、ブレードは3枚刃、滑りをよくするスムーサーを搭載。よくあるタイプのカミソリですね。ホルダーのグリップ部に重量感があり(全体約44g)、抵抗感なくスムーズにヒゲが剃れる作りとなっています。

これまで使い捨てタイプのカミソリを使っていた方であれば、肌へのフィット感があるし、剃り心地はかなり良いと感じるのでは?

たとえば「シック ハイドロ5プレミアム」と比べると?

男性向けヒゲ剃りというと、すでにシック製かジレット製を使っている方が多いかと思います。あえて言うと、そうした有名メーカーの5枚刃タイプを使用中であれば、コストコ製品に乗り換えるメリットは無いかと思います。

たとえば、シック製「ハイドロ5プレミアム」(写真左)。5枚刃で枚数が多く、刃幅がやや広い(3.5mmと3.3mm)こともあり、さすがの剃り心地。これをコストコ製品に持ち替えると、肌への密着感が落ちてヒゲが引っかかる感覚が増えたり、一度に剃れる量が微妙に減った感じがあったり、性能ダウン感は否めないんですよねぇ。

あとはホルダーと替刃の接合部分の剛性。コストコ製品(写真右)はやや心許ない細さで、耐久性にちょっと不安を覚えたり(あくまでもフィーリングですが……)。

というわけで、先にも述べたように、従来は使い捨てカミソリを使っていたような方であれば、コストコ製カミソリを選ぶのは全然アリ。間違いなく剃り心地アップ。一方、シック製やジレット製の5枚刃タイプからの乗り換えについてはおすすめしない、というのが結論ですね。

コスパは?

最後に替刃1枚あたりのコスパ(単価)をチェックしてみました。

コストコ製カミソリのほか、比較対象として同店で買える「シック ハイドロ5 / 本体+替刃17枚」(参考価格2,998円)、「シック ハイドロ5プレミアム / 本体+替刃17枚」(参考価格3,980円)をピックアップ。3製品ともホルダー込みの価格ですが、わかりやすくするため、製品価格を替刃の枚数で割っています。

  • コストコ製品 …… 替刃1枚あたり約171円
  • シック ハイドロ5 …… 替刃1枚あたり約177円
  • シック ハイドロ5プレミアム …… 替刃1枚あたり約234円

コスパ的にはコストコ製品がもっとも安価とはいえ、「シック ハイドロ5」との差はわずか。う〜ん……性能を考えると「シック ハイドロ5」を選ぶほうが賢明かと思います(こちらも5枚刃だし)。

商品情報

■品番|1305413 ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■替刃|ドイツ製 ■ホルダー|中国製