コストコの2種500g『ベルギーチョコレートトリュフ』は塩キャラメルがグッとくる

コストコで販売されている『ベルギーチョコレートトリュフ』をご存じでしょうか。

ねっとりとしてサッと溶け広がる食感のトリュフチョコです。フィリングはバニラバターとキャラメルシーソルトの2種類。ボリュームのあるひとくちをお楽しみください。

ベルギーチョコレートトリュフ|1,338円

『ベルギーチョコレートトリュフ(Chocolate Flaked Truffles)』は1,338円(税込、品番 24003)。内容量は2袋入りで計500g、フレーバーは2種類で1袋はバニラバター、もう1袋はキャラメルシーソルトとなっています。原産国はベルギー。「Lemaître」(ルメトル、ルメートルと読むらしい)というチョコレートブランドの商品のようです。

ちなみに1袋には24個前後のトリュフチョコ入り。1個あたり約11g、コスパ(単価)は約28円というところ。

どんな味?

バニラバターもキャラメルシーソルトもともに、フレーク状のチョコをまとった山型のトリュフチョコです。トリュフチョコらしく、オイリーな口溶け。口の中でサッと溶け広がるような食感とフレーク状チョコの固形感のマリアージュが特徴ですね。

こちらはバニラバター。チョコシェルの中はホワイトチョコではなく、ちょいともったり&ミルキーなとろ〜りバニラフィリング。がっつり甘い。これがたっぷりなので、全体的にはチョコの風味が薄まる感じはありますね。

mitok編集部的に推しはこのキャラメルシーソルト。なんといっても、サラッとした口溶けの中で際立つ、キャラメルの存在感。微細なカリカリ食感と、グッとくる塩気のアクセント……イイ。やや曖昧なテイストのバニラバターと比べると、こういう特徴的な味わいを好む人のほうが多いのでは?

カロリーは?

気になるカロリーもチェックしておきましょう。公称値は100gあたり594kcal(脂質 42g、炭水化物 48g)、1個(約11g)あたりでは約65kcalになります。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|24003 ■名称|準チョコレート菓子 ■内容量|500g ■カロリー|100gあたり594kcal(たんぱく質 3.4g、脂質 42g、炭水化物 48g、食塩相当量 0.3g) ■原産国|ベルギー ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|ミルクチョコ(砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス)、植物油脂、砂糖、ダークチョコ(カカオマス、砂糖、ココアバター、乳脂肪)、ホエイパウダー、乳糖、乳脂肪、低脂肪ココアパウダー、キャラメル(砂糖)、食塩/香料、乳化剤(大豆由来)