コストコのコーヒー豆『ラバッツァ エスプレッソ 1kg』はどんな人におすすめ? 味傾向やコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『ラバッツァ エスプレッソ』をご存じでしょうか。

イタリアのコーヒーブランド「LAVAZZA」のコーヒー豆1kgパックです。気になる味傾向やコスパをチェックしてみました。甘い香りの濃厚なバランス型を好む人は多いのでは?

ラバッツァ|エスプレッソ 1kg|1,948円

『ラバッツァ エスプレッソ(LAVAZZA Espresso Italiano)』は1,948円(税込、品番 26819)。イタリアの老舗コーヒーブランド、ラバッツァのコーヒー豆です(片岡物産による説明はこちら)。内容量や生豆生産国、コスパなどは下記のとおり。

コーヒー豆の仕様・コスパ

  • 仕様|レギュラーコーヒー(豆)
  • 内容量|1kg
  • 100gあたり約195円
  • 1杯=約12gで約83杯分
  • 1杯(約12g)あたり約24円
  • 生豆生産国|ブラジル、コロンビア、その他
  • 焙煎|(インテンシティ 5/10)

エスプレッソといっても、深煎りでオイリーなコーヒー豆というわけではない。ミディアムロースト相当ですね(苦味の強度指標となるインテンシティが5/10)。なお、コーヒー豆はブラジル産とコロンビア産を中心としたブレンドです。

味の傾向は?

味の傾向

  • 苦味|■■■■□
  • 酸味|■■■□□
  • 甘み|■■■□□
  • コク|■■■□□
  • 香り|■■■□□

濃いめの淹れ方でどうぞ。細挽き・湯量少なめ(12g・80〜100ml)でドリップした印象としては、“甘い香りと苦味寄りのバランス型” が好きな人におすすめ。苦さだけってわけでありません。

とにかく印象的なのは、ビターなチョコやキャラメルを思わせるような甘い香ばしさ。なかなか心地よい。全体としては土っぽいというかアーシー感があり、まろやかな苦味の中で酸味も主張する濃厚なバランス型です(そのへんはミディアムロースト的)。ちなみに、濃いめに淹れてミルクを加えると、おいしいカフェラテになりますよ。

コストコのオリジナルコーヒー豆「エスプレッソブレンド」と比較して迷う人もいるかもしれませんが、少々の酸味を許容できるなら、深煎り党の方でも本品を一度試してみることをおすすめします。

エスプレッソ抽出もお試し。エスプレッソにはとにかく苦味の強度を求めるmitok編集スタッフとしては、酸味まじりは気になるところ(ミルクを加えるとちょうどいい)。あくまでもドリップ用のコーヒー豆としてどうぞ。

商品情報

■品番|26819 ■品名|レギュラーコーヒー ■内容量|1kg ■原産国|イタリア ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル、コロンビア、その他)