コストコのコーヒー豆『スターバックス カフェ ベロナ』はどんな人におすすめ? 風味・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されているコーヒー豆『スターバックス カフェ ベロナ』をご存じでしょうか。

スタバブランドの定番深煎り銘柄です。コストコでは定期的に店頭に並びますが、時期によって仕様は変わってくるので、改めて風味やコスパをチェックしてみました。

スターバックス カフェ ベロナ 1.13kg|2,778円

『スターバックス カフェ ベロナ(Starbucks Caffè Verona)』は2,778円(税込、品番 11427)。スターバックスコーヒーブランドの定番コーヒー豆のひとつですね。とくに深煎りタイプがお好きな人にはとくにおなじみの銘柄なのでは?

生豆生産国、コスパなどは下記のとおりです。

コーヒー豆の仕様・コスパ

  • 仕様|レギュラーコーヒー(豆)
  • 内容量|1.13kg
  • 100gあたり約246円
  • 1杯=約10gで約113杯分(約13gなら約87杯分)
  • 1杯(約10g)あたり約25円(同上なら約32円)
  • 生豆生産国|コロンビア、ホンジュラス、他
  • 焙煎|ダーク(スタバ基準)

生豆生産国は時期によって異なりますが、4年ほど前にご紹介した際は「ブラジル、インドネシア、グアテマラ、エルサルバドル、ニカラグアほか」だったので、だいぶ構成が異なっていますねぇ。

味の傾向は?

味の傾向

  • 苦味|■■■■■
  • 酸味|■■□□□
  • 甘み|■■■□□
  • コク|■■■■□
  • 香り|■■■□□
    ※中細挽き、ペーパーフィルターでドリップ

とにかく深煎り好きのためのコーヒー豆です。酸味のバランス型や酸味傾向を好む人は選ばないように。

骨太な苦みベースの味わいではありますが、ビターなココアを思わせるような面も。トゲトゲしい苦みではなく、甘みやコクもあり、ソフトだけど濃厚な苦みなんですよね。とはいえ、深煎り党でもとくに苦みを好む人に向いたテイストなので、未体験の方が本品を選ぶ際は自身の好みをしっかり確認してからどうぞ。

水出しコーヒー用に選ぶのも悪くないですよ。

エスプレッソ抽出に使うのも悪くないかも。チョコのような甘い香りが色濃く立つんですよねぇ。後味がやや酸味がちでクセはあるものの、飲み方のひとつとしてどうぞ。

商品情報

■品番|11427 ■内容量|1.13kg ■カロリー|ー ■原産国|アメリカ ■輸入者|ネスレ日本 ■原材料|コーヒー豆(生豆生産国名:コロンビア、ホンジュラス、他)