コストコ『ティラミス・ドルチェ』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの定番スイーツだった『ティラミス』が、なんとリニューアルされました! 従来品に代わって新たに登場したのが『ティラミス・ドルチェ』です。

販売員さんの説明によると、マスカルポーネチーズとコーヒーを増量し、より大人の味に仕上げてあるとのこと。今後はこの『ティラミス・ドルチェ』を継続的に販売していくそうです。そうなると気になるのが、従来の『ティラミス』とどこが変わったのか? ということ。早速チェックしました!

コストコ|ティラミス・ドルチェ|1,380円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのスイーツコーナーで販売されている『ティラミス・ドルチェ』。1380円(税込)と、従来より100円アップのお値段になりました。

サイズは? 内容量は?

サイズは従来の『ティラミス』と同様。女子スタッフが両手で抱きかかえる必要がある大きさですね。そして、内容量が1500gというのも、変わりなしです。

原材料は?

原材料は以下の通りです。

【原材料名】乳等を主要原料とする食品、ケーキミックス(砂糖、小麦粉、ココアパウダー、ブドウ糖、小麦でん粉、植物油、脱脂粉乳)、マスカルポーネチーズ、卵、砂糖、加糖卵黄、植物油、コーヒーエキス、粉末コーヒー、糊剤(ピロリン酸Na、加工デンプン、増粘多糖類)、乳化剤、膨張剤、ステアリン酸Ca、pH調整剤
(原材料の一部に大豆を含む)

横と上からチェック! 従来品との違いは?

開封の前に、サイド側のビジュアルをチェック! スポンジ層とクリーム層がダイナミックに波打っております。それぞれ2層ずつなのは、従来品と同じです。

パッケージを開けたところ。ここで、従来の『ティラミス』との違いを1つ発見! 従来のものはココアパウダーが敷き詰められていましたが、この『ティラミス・ドルチェ』は白いクリームの部分がちらちら見えます。味のバランスをとるため、今回は少なめになっているのかな?

マスカルポーネチーズが濃厚! スポンジは固め

一人前を切り分けてみました。危ういバランスではありますが、ちゃんと自立してくれます。従来品よりも、かたちが崩れにくくなっているように感じますね。ちなみに、これで142gあります!

まあ、思い切って横倒しにしても絵になるのがティラミスなんですけどね!

さて、お味はというと……まず、最上段はココアパウダーとマスカルポーネチーズクリームのマリアージュが最高! 苦みとコク、程よい甘さとかすかな酸味は、どんどんいけちゃう味のバランスです。また、従来のものはクリームがかなり柔らかかったのですが、『ティラミス・ドルチェ』のクリームはムースのようにある程度の固さがあります。

スポンジのほうも、従来のものとはけっこう変わっていますね。これまでは、スポンジがコーヒーでひたひたになっていて、その分、苦みなども強く感じました。一方、今回の『ティラミス・ドルチェ』はスポンジに含まれる水分が少なめ。しっかりとした食感を残しており、コーヒーの香りや苦みはあるものの、やや抑えめでした。このおかげで、従来品に比べて取り分けやすくなっています。前回は、切り出す際にかたちが崩れてしまいましたからね……。

というわけで、ある種“本格的”だった従来品に比べると、より幅広い層にとって親しみやすいスイーツになったのが今回の『ティラミス・ドルチェ』だといえるかもしれません。

ただし、コストコは店舗ごとに製造しているので、他店舗での仕上がりは異なるかも? 機会があれば、別の倉庫店に行った際にも購入して、検証してみたいと思います!