MENU

コストコの『フレイビー チョリソーソーセージ』はどうなの? 巨大食材の旨み・肉肉しさをチェックしてみた

コストコの『フレイビー チョリソーソーセージ』はどうなの? 巨大食材の旨み・肉肉しさをチェックしてみた

コストコで販売されているの『フレイビー チョリソーソーセージ』はご存じでしょうか。

1本あたり25cm、200gほどもある巨大なチョリソーが5本セット。肉肉しさ満点で、さわやかな風味があり、適度にヒリ辛。そのまま食べてもいいけど、チリビーンズなどの料理に使うのがオススメです。

目次

価格・内容量は?

こちらがコストコのチルド食品コーナーで販売されているフレイビー(Freybe)の『チョリソーソーセージ(FULLY COOKED air dried CHORIZO SAUSAGE)』(品番:53403)。

内容量1kg(5本入)で、お値段は2,198円(税込)です。1本あたりのコスパ(単価)は440円。

だいぶ長い……!

1本の長さは25cm超! 重量は200gほどもあります。

カナダの食肉加工メーカー・フレイビー(Freybe)商品を、コストコが輸入したもの。原材料として赤ワインやジュニパーベリー(ジンの香り付けに使われる)が入っているなど、なかなかオシャレなチョリソーのようです。

おすすめの調理方法は?

本品は「FULLY COOKED(フルクックド)」、つまり加熱調理済みなので、そのまま囓ることも可能。とはいえ、温めたほうが食べやすいでしょう。

今回はフライパンで加熱してみました。さすがに大きすぎるので、中央でカットし、断面を焼き付けてから全体に焦げ目を付けていきます。中心部まで温めるためには、水をスプーン1杯程度加え、フタをして蒸し焼きにする、といった一手間があるとよいかも。

どんな味付け? 肉々しさは?

ムチムチの食感で、弾力のある歯ごたえを楽しめます。肉肉しさ満点で、うまみも濃厚。

さらにスパイスのさわやかな風味がナイス。そこそこ辛みがあって、ヒリヒリとする刺激がやってきます。

豚脂肪もけっこうたっぷり入っていて、こってり感は強め。食べごたえ満点ではありますが、好みが分かれるところかも。

チリビーンズへのアレンジもオススメ

チリビーンズにアレンジしてみました。

チョリソーをスライスして、にんにく、玉ねぎなどと炒め合わせ、レッドキドニービーンズ、ダイスカットトマト、パセリを加えて煮込んだもの。チョリソーだけだとさすがに味が薄いので、塩、こしょう、唐辛子で味を整えましょう。

チョリソーは、スライス状態でもムチムチ食感を楽しめます。チョリソーのコク、こってり感がチリビーンズ全体に広がり、どっしりとした食べごたえですね~。

パンにのせていただくと、こってり感が適度に緩和されてちょうどいい味わいになりますよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『フレイビー チョリソーソーセージ』は100gあたり350kcal(たんぱく質 21g、脂質 27g、食塩相当量 1.9g)となっています。1本(200g)まるごと食べると、なんと700kcal!

1食分としては、1本の1/2(100g、350kcal)か、1/3(66g、231kcal)くらいが適量かも。お召し上がりの際の目安にしてください。

商品の評価と詳細情報

フレイビー チョリソーソーセージ
総合評価
( 4.5 )
スクロールできます
品番53403
内容量1kg
カロリー100gあたり350kcal(たんぱく質 21g、脂質 27g、炭水化物 4g、食塩相当量 1.9g)
製造者フレイビー(Freybe)
原産国カナダ
輸入者コストコホールセールジャパン
保存方法要冷蔵4℃以下
原材料豚肉、砂糖、食塩、マスタード、パプリカ、カイエンペッパー、ジンジャー、ジュニパーベリー、黒コショウ、赤ピーマン、赤ワイン、ガーリックパウダー/ピロリン酸K、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、発色剤(亜硝酸 Na)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次